コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サムライアリ Polyergus samurai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サムライアリ
Polyergus samurai

膜翅目アリ科。職体長 5mm内外,全体黒褐色であるが,灰白色の絹様光沢のある微毛におおわれる。大腮は細長く鎌状。腹柄は1節で厚く,丸みがあり,腹部はやや三角形状で後方へせばまる。女王は体長 7mm内外,翅は白く,翅脈は淡褐色。職蟻に似て強壮である。雄は体長 5mm内外で,肢,翅,触角などが白い。本種はクロヤマアリ Formica fuscaを奴隷として生活し,営巣や幼虫の保育などをさせる。7~8月頃職蟻が列をなしてクロヤマアリの巣を襲って奴隷狩りをし,幼虫や蛹を奪うが,このとき以外は巣外に出ない。ヨーロッパのアマゾンアリ P. rufescensは本種と同属で,奴隷使役蟻として有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サムライアリ

膜翅(まくし)目アリ科の昆虫の1種。体長は兵アリ5mm,雌7mm内外。黒ないし黒褐色。日本全土に分布し,奴隷狩りを行うアリとして有名。7〜8月の日中に大挙してクロヤマアリの巣を襲い,その蛹(さなぎ)を奪って自分の巣に運び,これから羽化した働きアリに労働させる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サムライアリ
さむらいあり / 侍蟻
[学]Polyergus samurai

昆虫綱膜翅(まくし)目アリ科に属する昆虫。日本各地に分布し、おもに草地や裸地に生息する。働きアリは体長5、6ミリメートルで、体は黒褐色。一見クロヤマアリに似ているが、本種は大あごが鎌(かま)状であり容易に区別できる。奴隷狩りを行うアリとして有名。7、8月に隊列をなしてクロヤマアリの巣を襲い、蛹(さなぎ)や幼虫を略奪して自巣に持ち帰る。羽化したクロヤマアリはサムライアリの巣で労働に携わるが、サムライアリは奴隷狩り以外の仕事は行わない。[山内克典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サムライアリの関連キーワードサムライアリ(侍蟻)アリ(蟻)活物寄生社会寄生奴隷蟻寄生山蟻

サムライアリの関連情報