コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラザン Sarasin, Jean François

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラザン
Sarasin, Jean François

[生]1614.12.15. カン
[没]1654.12.5. ペズナス
フランスの詩人。ラテン文学の素質を基盤に,響きがよく情熱的ではあるが,多少軽薄な気どった詩をつくった。スキュデリー嬢のサロンの中心人物で,当時人気のあったボアチュールと絶えず張合った。『悲劇論』 Discours de la tragédie (1639) ,『ボアチュールの葬儀』 La Pompe funèbre de Voiture (49) のほか,ソネット,マドリガル,書簡詩がある。

サラザン
Sarazin(Sarrazin), Jacques

[生]1588. ノワイヨン
[没]1660.12.3. パリ
フランスの彫刻家。パリで N.ギランの弟子となったが,1610年ローマに移り,古代彫刻およびミケランジェロの作品を研究。 28年パリに戻り,ルーブル宮殿の時計の間の人像柱,ベリュール枢機卿の墓,コンデ公爵の墓などを制作。ルイ 13世の宮廷彫刻家となり,アカデミーの創設者の一人となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サラザンの関連キーワードひとりぼっちの青春パリ・オペラ座サロン(文化)カディヤック

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サラザンの関連情報