コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マドリガル マドリガルmadrigal

翻訳|madrigal

6件 の用語解説(マドリガルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マドリガル
マドリガル
madrigal

14世紀と,16世紀から 17世紀初頭にかけて栄えたイタリアの世俗声楽曲。 14世紀と 16世紀のものは本質的に異なり,前者は2ないし3連の3行詩に2行のリトルネロがつけられ,恋愛詩,田園詩など抒情的牧歌的な内容をもつ複音楽で,詩句の部分で同じ旋律が繰返されるのを特徴とし,14世紀後半に入ると衰退した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マドリガル(madrigal)

14世紀にイタリアで栄えた牧歌的叙情短詩。また、それにつけられた2~3声部の歌曲。マドリガーレ。
16世紀以降、イタリアで発達した多声世俗歌曲。のち、イギリスにも伝えられて独自の発展をみた。マドリガーレ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

マドリガル

イタリア語ではマドリガーレmadrigale。(1)ルネサンス期イタリアの小抒情詩。内容はパストラル風なものが多く,2〜3声の多声声楽曲として歌われた。(2)16世紀のイタリアから発達した高度の作曲技法による多声(ポリフォニー)の世俗歌曲の一種。
→関連項目カッチーニガブリエリカンツォーネシャンソンシュッツスウェーリンクパレストリーナフレスコバルディベッキラッスス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マドリガル【madrigal】

16~17世紀にかけてイタリアとイギリスで流行したポリフォニーによる世俗歌曲の一種。語源はイタリアのマドリガーレmadrigaleで,元来詩の一形式で,そのような詩によるポリフォニックな歌曲は,すでに14世紀イタリアの作曲家によって手がけられていた。ペトラルカの詩にヤコポ・ダ・ボローニャJacopo da Bolognaが作曲した《Non al suo amante》などはそのよい例で,音楽的形式としては前半に反復をもつA A B型をとるのをその特徴としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

マドリガル【madrigal】

イタリアのマドリガーレ、およびその影響のもとにエリザベス朝のイギリスその他の国で成立した歌曲の総称。
のうち、特にイギリスで成立した、歌詞が英語の歌曲。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マドリガル
まどりがる

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のマドリガルの言及

【中世音楽】より

…代表的な詩人兼作曲家としてマショーが挙げられる。イタリアでは,マドリガーレ(マドリガル),バッラータballata(フランスのビルレー系),それにカノンの技法によるカッチャcacciaが数多く作られた。ヤコポ・ダ・ボローニャJacopo da Bologna(14世紀中ごろ活躍),盲目のランディーニらが知られている。…

※「マドリガル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マドリガルの関連情報