コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラド川 サラドがわ Río Salado

4件 の用語解説(サラド川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラド川
サラドがわ
Río Salado

アルゼンチン北部を流れる川。ラプラタ川水系パラナ川の右岸支流。同国北西部のアンデス山脈東斜面に発する小河川を集めたトロ川とグアチパス川が,サルタの南約 50kmの地点で合流してパサヘ (フラメント) 川となり,東流して斜面を流下。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

サラド川
サラドがわ
Río Salado

アルゼンチン中部,ブエノスアイレス州を流れる川。同州とサンタフェ州の州境にあるチャニャル湖 (湖面標高約 40m) に発し,低地を曲流しながらほぼ東南東に流れ,大西洋岸のサンボロンボン湾に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

サラド川
サラドがわ
Río Salado

アルゼンチン中北部西寄りを流れる川。コロラド川の左岸支流。同国北西部,ラリオハ州北部のアンデス山脈に源を発し,アンデスから流下するサンフアン,トゥヌヤン,ディアマンテ,アトゥエルなどの支流を右岸に受けながら,南南東ないし南へ約 1300km流れてコロラド川に注ぐが,しばしば同川に達する前にラパンパ州の湿地帯で消失する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラド川
さらどがわ
Ro Salado

南アメリカ、アルゼンチン北西部の川。パラナ川の支流。全長1470キロメートル流域面積24万7000平方キロメートル。上流部はアンデス山脈の6000メートル級の山岳地帯を、中・下流部はグラン・チャコ南部の平野を流れる。上流域にはサルタをはじめ集落が多い。半乾燥地帯にあたる中流部では支流の流入がなく、流量が漸減し、下流部では間欠河川になる。中流部の流路沿いには、12月から4月にかけての増水期に浸水する低地(バニャード)が広がり、古くから農業に利用されてきた。[松本栄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サラド川の関連キーワードアルゼンチンアルゼンチン蟻アルゼンチンタンゴプエルトイグアスアルゼンチンワインパンペロアルゼンチン国旗アルゼンチン・タンゴアルゼンチン連合プーナ(アルゼンチン)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone