コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルサ サルサ salsa

翻訳|salsa

6件 の用語解説(サルサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルサ
サルサ
salsa

キューバ音楽にジャズ的な要素を加えた,リズム主体の新しいラテン音楽。 1970年代にニューヨーク在住のミュージシャンによって生み出され,その現代的な感覚が受入れられて一時代を画した。日本のサルサグループではオルケスタ・デ・ラ・ルスが,日本はもとよりニューヨークや中南米で人気を博している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サルサ(〈スペイン〉salsa)

キューバの民族音楽をもとにしたラテン音楽。1960年代から70年代にかけてニューヨークで流行した。速いテンポが特徴。サルサミュージック。
メキシコ料理などで使われるソーストマトトウガラシタマネギなどを加えて作る。サルサソース。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

サルサ【salsa(スペイン)】

ソース。特にメキシコなどのラテンアメリカで用いられるものをさすことが多い。トマトととうがらしなどで作る「サルサ・ロハ(赤いソース)」、アボカドで作る「ワカモレ」などがある。⇒ソース

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サルサ【salsa[スペイン]】

1960年代の後半から70年代にかけてニューヨークを中心に行われたラテン・アメリカ音楽の一つ。音楽的特徴はキューバ音楽の伝統を受け継いでいるが,担い手はおもにプエルト・リコからの移民たちで,急速に増大しつつあったスペイン語使用集団の文化的紐帯としての役割を果たした。人気ミュージシャンはピアノエディパルミエーリトロンボーンウィリーコロンなど。73年8月にヤンキースタジアムで行われたサルサ・コンサートには4万人の聴衆が集まり,最高の盛上りをみせた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

サルサ【salsa】

キューバの民族音楽を起源とし、ジャズなどの影響を受けて発展した音楽。1960年代から70年代にかけて盛行。
料理のソースの一種。トマトを主体とし、酸味と辛味が強い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サルサ
さるさ
salsa

キューバ起源のアメリカポピュラーダンス音楽。スペインの舞踊音楽と西アフリカの舞踊リズムとが融合してできあがったダンソンdanzn、グアラーチャguaracha、ソンson、ルンバ、チャチャチャ、マンボなどのアフロ・キューバン音楽の要素をもとに、1940年代につくられた混成音楽。サルサとは「(料理用の)ソース」という意味だが、その語義のとおり、さまざまな音楽的要素の混ざり合いを大きな特徴としている。
 1950年代には多くのキューバ人音楽家がニューヨークへ移住し、そこでビッグ・バンドによるスウィング・ジャズ様式を取り入れ、「ラテン・ジャズ」として発展させた。このころ、ボーカル、パーカッション(ボンゴ、コンガ、クラベス、マラカス、ギロなどの打楽器)、ピアノ、ベース・ギター、トランペット、トロンボーン、サクソフォーンなど、十数人からなる編成が標準的となった。
 その後1960年代から1970年代にかけて、サルサを大きく発展させたのは、ニューヨークに住むプエルト・リコからの移住者たちだった。彼らは、自国の音楽の要素(ボンバbombaとよばれるリズムやクアトロcuatroという小型の10弦ギター)、およびジャズの要素(ハーモニーや即興的な独奏スタイル)を積極的に取り入れた。それによりサルサは、当時のプエルト・リコ人の文化的なシンボルになるとともに、ほかのラテン・アメリカ諸国(ベネズエラ、コロンビア、パナマなど)にも広がっていった。
 1980年代から1990年代にかけて、ラテン・バラードをサルサのリズムと融合させた新しいスタイル、サルサ・ロマンティカが生まれた。その特徴は、よりロマンティックな歌詞とゆっくりとしたテンポ、リズムよりもメロディの重視、コード変化の多用などにあり、官能的な踊りとも結び付いて多くのヒット曲が生まれた。
 1950年代から1990年代におけるサルサの代表的な演奏家と歌い手としては、ピアノ奏者エディ・パルミエリEddie Palmieri(1936― )、パーカッション奏者のレイ・バレットRay Barretto(1929―2006)、ティト・プエンテ、サルサの歌姫セリア・クルーズCelia Cruz(1925―2003)、トロンボーン奏者・歌手のウィリー・コロンWillie Coln(1950― )、ギター奏者・歌手のルベン・ブラデスRubn Blades(1948― )、歌手のホセ・アルベルトJos Alberto(1958― )、ラロ・ロドリゲスLalo Rodrguez(1958― )らがあげられる。[山田陽一]
『SALSA HOTLINE JAPAN編『SALSA!――恋するサルサブック』(1999・音楽之友社) ▽スー・スチュワード著、星野真理訳『サルサ――ラテンアメリカの音楽物語』(2000・アスペクト)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サルサの関連キーワード馮鏡如ウーマン・リブクワントマスコンベ平連サークブロンコバブル時代カラー・フィールド・ペインティング地方環境研究所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サルサの関連情報