コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サワヒヨドリ Eupatorium lindleyanum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サワヒヨドリ
Eupatorium lindleyanum

キク科の多年草で,アジアの温帯から熱帯に広い分布をもつ。日本各地の山地日当りのよい湿地に生える。茎は直立し,高さ 50cm内外で,長さ6~12cmの披針形の葉を対生する。葉柄はほとんどなく,ときに葉身は深く3裂する。8~10月,茎頂に密な散房花序をなして白色または淡紅紫色の小さな頭状花を多数つける。各頭花は少数の管状花より成る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

サワヒヨドリ

ヒヨドリバナ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サワヒヨドリ
さわひよどり / 沢鵯
[学]Eupatorium lindleyanum DC.

キク科の多年草。茎は直立し、高さ40~100センチメートル。上部に縮れた毛を密生する。葉は無柄で、対生し、質はやや厚く、両面に縮れた毛が多く、裏面には腺(せん)点がある。長さ6~12センチメートル、幅1~2センチメートルで、披針(ひしん)形から楕円(だえん)形まで変異があり、三行脈が著しく、深く3裂するものもある。8~10月、茎頂に多数の頭花を散房状につける。頭花は5個の管状花からなる。日当りのよい湿地に生え、北海道から九州、朝鮮半島、中国大陸南東部、台湾、フィリピン、ベトナムに広く分布する。まれに葉の下面にまったく腺点のない品種ホシナシサワヒヨドリがあり、伊豆諸島と犬吠埼(いぬぼうさき)には、葉が丸く、両面に白色の長軟毛を密生する変種ハマサワヒヨドリが分布する。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のサワヒヨドリの言及

【ヒヨドリバナ】より

…西日本では高い山の上部の草地に限られてくる。山間部の湿地に多いサワヒヨドリE.lindleyanum DC.(イラスト)は長楕円状披針形で鈍頭,低い鈍鋸歯のある葉を対生する。葉は質がやや厚く,3行脈が目だつ。…

※「サワヒヨドリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サワヒヨドリの関連キーワードヒヨドリバナ(鵯花)佐波阿良々岐佐波阿良々歧阿加末久佐沢藤袴キク科沢蘭水香

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android