コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンギータ・ラトナーカラ Sangīta Ratnākara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンギータ・ラトナーカラ
Sangīta Ratnākara

インドの音楽,舞踊,演劇などの理論書。サールンガデーバ (1210~47) 著。第1巻は楽理概論,第2巻ラーガ,第3巻音声と歌手の良否,第4巻歌唱法と韻律,第5巻ターラ,第6巻楽器,第7巻舞踊と演劇の作法。『ナーティヤ・シャーストラ』以後約 10世紀間の音楽理論の体系化と彼の時代の音楽の分析と注釈が今日のインド音楽理論の基礎となった。 15世紀のカーリナータの研究注釈書がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android