コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンギータ・ラトナーカラ Sangīta Ratnākara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンギータ・ラトナーカラ
Sangīta Ratnākara

インドの音楽,舞踊,演劇などの理論書。サールンガデーバ (1210~47) 著。第1巻は楽理概論,第2巻ラーガ,第3巻音声と歌手の良否,第4巻歌唱法と韻律,第5巻ターラ,第6巻楽器,第7巻舞踊と演劇の作法。『ナーティヤ・シャーストラ』以後約 10世紀間の音楽理論の体系化と彼の時代の音楽の分析と注釈が今日のインド音楽理論の基礎となった。 15世紀のカーリナータの研究注釈書がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android