コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタマン Antoine Girard,sieur de Saint‐Amant

1件 の用語解説(サンタマンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サンタマン【Antoine Girard,sieur de Saint‐Amant】

1594‐1661
フランスの詩人。成功した船乗りの子としてノルマンディー地方に生まれる。若くして大航海に加わり,アメリカインドにまで旅行した。1618年パリに赴き,何人もの大貴族の庇護を受け,ビヨーらの詩人と交わり,自らも詩作にいそしんだ。27年ころからさまざまの使節団に随行してヨーロッパ諸国を歴訪したが,51年以降はパリに落ち着いた。彼の詩作は,人里離れた荒涼たる風景を歌った幻想的な詩編《孤独》から,マリーノ風の技巧的な神話詩,酒やチーズさらにメロンをたたえた嘱目の詩,風刺詩,叙事詩《救われたモーゼ》ときわめて幅が広いが,いずれも鋭い言語感覚と豊かなイメージを特徴としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サンタマンの関連キーワード海潮音サマンフランスベランジェマロモンゴルフィエ兄弟レニエボワローコペーフランスソワール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サンタマンの関連情報