コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタマン Antoine Girard,sieur de Saint‐Amant

世界大百科事典 第2版の解説

サンタマン【Antoine Girard,sieur de Saint‐Amant】

1594‐1661
フランスの詩人。成功した船乗りの子としてノルマンディー地方に生まれる。若くして大航海に加わり,アメリカ,インドにまで旅行した。1618年パリに赴き,何人もの大貴族の庇護を受け,ビヨーらの詩人と交わり,自らも詩作にいそしんだ。27年ころからさまざまの使節団に随行してヨーロッパ諸国を歴訪したが,51年以降はパリに落ち着いた。彼の詩作は,人里離れた荒涼たる風景を歌った幻想的な詩編《孤独》から,マリーノ風の技巧的な神話詩,酒やチーズさらにメロンをたたえた嘱目の詩,風刺詩叙事詩《救われたモーゼ》ときわめて幅が広いが,いずれも鋭い言語感覚と豊かなイメージを特徴としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サンタマンの関連キーワードエミール ヴェラレンベルハーレンフクバルトスールトダベーヌ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンタマンの関連情報