コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンベルナール峠 サンベルナールとうげSaint-Bernard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンベルナール峠
サンベルナールとうげ
Saint-Bernard

イタリア語ではサンベルナルド San Bernardo。イタリア=スイス国境の大サンベルナールイタリアフランス国境の小サンベルナールの2つがあり,ともに,アルプスを越えてイタリアと中部ヨーロッパを結ぶ,古代ローマ以来の重要な交通路上の峠である。大サンベルナール (グランサンベルナール) Grand-Saint-Bernardは,イタリア北西端バレダオスタ州の州都アオスタと,その北方,スイス南西部バレー州ローヌ河谷のマルティニを結ぶ峠。モンブランの東方にあり,国境の峠としては世界有数の高さで,標高 2469m。峠近くにある石造のアウグスチノ会修道院と宿坊は,マントンの聖ベルナールが 10世紀に再建したもので,以来,旅人の救いの宿となってきた。現在セントバーナードという英語名で知られる種類のイヌが,この宿坊付近の雪原を舞台に多くの旅人の難を救ったことは有名。 1800年5月,ナポレオン1世は4万の軍を率い,乗馬道のこの峠を越えてイタリアに入った。現在は大サンベルナール本道トンネル (1964開通,全長 5855m) により冬季も自動車の通行が可能。小サンベルナール (プティサンベルナール) Petit-Saint-Bernardは,アオスタから西方のクルマユールを経て,フランス東部サボア県のブールサンモリスにいたる峠で,モンブランの南方,正確にはフランス領内にあり,標高 2188m。前 218年,カルタゴ軍を率いたハンニバルはこの峠を越えてローマに入ったといわれ,古くからアルプス越えの主要路の一つ。ヘラクレスが通ったなどの伝説もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サンベルナール‐とうげ〔‐たうげ〕【サンベルナール峠】

Saint-Bernard》アルプス西部、イタリア・スイス国境にある標高2469メートルの大サンベルナール峠と、フランス・イタリア国境の標高2188メートルの小サンベルナール峠との総称。前者は古代からの要路。また、聖ベルナールの創立した僧院があり、遭難救助犬セントバーナードの飼育が行われた。セントバーナード峠。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

サンベルナールとうげ【サンベルナール峠】

〔Saint-Bernard〕 アルプス山脈の西部、イタリア・スイス・フランス三国の国境に位置する二つの峠の総称。大サンベルナール峠(海抜2469メートル、1964年トンネルが開通)はモンブラン山の東、スイスとイタリアの国境にあり、小サンベルナール峠(海抜2188メートル)はモンブラン山の南、フランスとイタリアの国境にあり、ともに重要なアルプス横断路。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

サンベルナール峠の関連キーワードサンフランシスコ教会Storage Area Networkサンイシドロ教会サンクリストバル島サンフランシスコ教会修道院サンマリノ(国)サンマリノ音節ウィトキンサン・ホゼ

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone