サーボモーター(読み)さーぼもーたー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サーボモーター
さーぼもーたー
servo motor

サーボ制御において機械系の位置、速度等を制御するためのアクチュエーター(駆動装置)。サーボモーターとしては、「電動機」以外に「油圧モーター」なども使われる。しかし、現在では、電動機を用いるのが一般的である。さらに、サーボモーターに使われる電動機の種類により呼び名を使い分けることがある。サーボモーターが直流(DC)電動機の場合、DCサーボとよばれる。また、誘導電動機、永久磁石同期電動機などの交流(AC)電動機の場合、ACサーボとよばれる。ステッピングモーター、スイッチトリラクタンスモーター(SRM:switched reluctance motor)などもサーボモーターとして使用が可能である。
 サーボモーターはサーボアンプと組み合わせてサーボ制御に用いられる。サーボアンプは制御指令とフィードバック値を比較演算し、それに応じてサーボモーターの運転状態(回転数、トルクなど)を調節する。サーボアンプは、そのためのモーターの駆動にふさわしい形に電力形態を変換するパワーエレクトロニクス回路を含む。ACサーボの場合、インバーターが用いられ、交流電力の周波数、電圧、電流、位相などを制御する。DCサーボの場合、直流電力の電圧または電流を制御する。一つの直流電力でモーターを正逆転させるために4個のスイッチで構成されたHブリッジ回路を用いる。サーボアンプにはモーターの状態を検出するためのセンサーからの信号を利用してフィードバック制御される。そのため、サーボモーターとサーボアンプの間は電力と信号を伝送するための多数のケーブルで接続する必要がある。2000年以降、サーボアンプをサーボモーターの内部に組み込んだ一体型サーボモーターも出現している。[森本雅之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

サーボ‐モーター

〘名〙 (servomotor) 駆動機器の一つ。自動制御系において、入力信号に応じて出力の位置や角度をすばやく決める操作機器。電気式、油圧式などがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のサーボモーターの言及

【電動機】より

…電気冷蔵庫のコンプレッサーのように,作業機械と一体にしてつくられた電動機をつくりつけ電動機という。サーボ機構において,機械的な位置や角度などを制御するための操作用電動機をサーボモーターといい,電気式のサーボモーターとしては,直流電動機,ブラシレス直流電動機(同期電動機の多相固定子巻線に直流電源から供給される電流をトランジスターによって順次切り換えるもの),二相誘導電動機などが使われる。サーボモーターは応答を速くするために慣性モーメントを小さく設計する必要があり,電機子を細長くしたものや電機子鉄心を使用しないもの(プリントモーター,コアレスモーター)がある。…

※「サーボモーター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android