コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーボ機構 サーボきこうservomechanism

翻訳|servomechanism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーボ機構
サーボきこう
servomechanism

サーボ制御系ともいう。物体の位置,方位,姿勢などを,目標値に追従させるための制御系。実際の位置を目標値と比較し,その差によって制御するようなフィードバック制御を行うのが普通である。そのために,位置の検出器,目標との差を増幅する増幅器,それに増幅器からの信号によって物体を動かす駆動部から成っている。駆動エネルギーの種類によって電気式,油圧式および空気式があり,電気式には電気信号の種類によって直流 (アナログ) 式と交流 (デジタル) 式とがある。車両,船舶,航空機の自動操縦,レーダの自動追尾,工業動力の操作機構,位置伝達機構,電子式自動平衡計器など,広い分野の技術に用いられる。最近では,能動部が負荷に対して与えている力の一部をオペレータが感じとれるようにした新しい形式のサーボ機構 (カサーボ機構) も,操縦ロボットなどに採用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サーボ‐きこう【サーボ機構】

servomechanism》位置・方位・姿勢などを自動制御する制御系。遠方操作・無線操縦などに利用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

サーボ機構【サーボきこう】

機械的位置を制御量とする自動制御系。servomechanismの訳。通常,位置を測定して基準値と比較する検出部,測定値と基準値の差の増幅部,増幅信号を駆動力に変換し位置修正するサーボモーターからなる。
→関連項目自動操縦装置数値制御工作機械ロボット

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サーボきこう【サーボ機構 servomechanism】

制御量が位置,姿勢,速度などの運動の制御系,すなわち位置制御(位置サーボ)または速度制御(速度サーボ)の系をいう。サーボの語源はラテン語のservus(奴隷slaveに相当)といわれている。奴隷の機能が主人の命令に忠実に従い力仕事をすることにあったように,サーボ機構の機能は目標値の変化に追従し,力やパワーを増幅することにある。サーボ機構は閉ループサーボと開ループサーボに大別される。前者の構成を簡単な電気サーボを例として図1に示す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

サーボきこう【サーボ機構】

自動制御の一。制御の対象の状態を測定し、基準値と比較して、自動的に修正制御する機構。サーボ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サーボ機構
さーぼきこう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサーボ機構の言及

【自動制御】より

… 狭義の自動制御は,制御しようとしている状態の種類によって二つに大別される。工業プロセスの状態――たとえば温度,流量,圧力,液位,組成,濃度,混合比率など――の制御をプロセス制御といい,物体の幾何学的状態――たとえば位置,角度,方位,姿勢など――の制御をサーボ機構という。冷蔵庫の温度制御はプロセス制御の例である。…

※「サーボ機構」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サーボ機構の関連キーワードJ.W. フォレスターバイラテラル・サーボ系エンジンテレグラフデジタルサーボ機構ソフトウエアサーボナイキストの法則ロボットセンサ電磁クラッチ射撃統制装置サーボモータサーボ増幅器CLV方式セルシン補償要素力制御水理学