コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーモクロミズム thermochromism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーモクロミズム
thermochromism

固体もしくは溶液の色が温度によって可逆的に変化する現象。原因は多岐にわたるが,温度による化合物の構造変化もその一つである。たとえば,無色のスピロピランの溶液が加熱により紫色に変化するのは,閉環構造から開環した平面構造をとるためである。また,デンプン糊(→デンプン)の溶液にヨウ素を加えると紫色になるが,加熱すると無色になる。これは,ヨウ素がデンプン鎖の螺旋の中に包接されて発色し,加熱により解離して無色となる現象である(ヨウ素デンプン反応)。このほか,Ag2HgI4や Cu2HgI4の固体は結晶構造の変化に伴うサーモクロミズムを示す。また近年では,スピン状態の変化に伴うサーモクロミズムも知られている(→スピンクロスオーバー錯体)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サーモクロミズムの関連キーワードサーモクロミック材料クロミック材料ハイパー繊維調光ガラス熱変色性

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android