コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザマの戦い ザマのたたかいBattle of Zama

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザマの戦い
ザマのたたかい
Battle of Zama

前 202年第2次ポエニ戦争の帰趨を決した戦い。長駆敵の本拠地をつくためにスキピオ・アフリカヌス (大スキピオ) の率いるローマ艦隊がカルタゴに遠征。そのためローマ攻撃を急遽中止して帰還したハンニバルの軍とカルタゴ西南のザマで戦端を開き,巧みな作戦を駆使したスキピオが大勝,ローマに勝利をもたらし,第2次ポエニ戦争は終結した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ザマのたたかい【ザマの戦い】

第二次ポエニ戦争中の紀元前202年カルタゴ南西のザマ(Zama)で、スキピオの率いるローマ軍が、ハンニバルの率いるカルタゴ軍を破って、戦争の趨勢すうせいを決めた戦い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザマの戦い
ざまのたたかい

第二次ポエニ戦争(ハンニバル戦争)末期、カルタゴの本拠アフリカに侵攻した大スキピオ(アフリカヌス)指揮下のローマ軍(約2万9000)が、急遽(きゅうきょ)イタリア遠征から帰還したハンニバル指揮下のカルタゴ軍(約4万)を撃滅した戦い(前202)。その直後、カルタゴはローマに和を請い、翌紀元前201年春、講和条約が締結されて、前218年以来の第二次ポエニ戦争もついに終結した。ザマZamaの戦場といわれるものは、アルジェリアとの国境に近い現在のチュニジア西部の平原に位置したことは確かであるが、正確な場所に関しては複雑な論争があり、決着をみていない(「ザマ問題」)。すなわち、(1)この地方には古代に「ザマ」とよばれた場所が少なくとも二つあって、それぞれの位置に関して諸説があり、(2)この戦場の位置を「ザマ近郊」と記しているのは実は第二級史料にすぎず、主要史料では「マルガロン」Margaronあるいは「ナラッガラ」Naraggaraが戦場とされ、しかも「マルガロン」と「ナラッガラ」の異同、前者の位置も不明なのである。したがって「ザマの戦い」という呼称自体、不適当といわねばならない。[栗田伸子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ザマの戦いの関連キーワード総合年表(ヨーロッパ)ローマ史(年表)スキピオ(大)ハスドルバルラエリウス趨勢

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android