コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザミーンダーリー制度 ザミーンダーリーせいど

百科事典マイペディアの解説

ザミーンダーリー制度【ザミーンダーリーせいど】

1793年に英国がおもに北インドに導入した土地所有・徴税制度。ザミーンダールzamindar(ペルシア語)は土地所有者の意。この語で呼ばれた社会層は一様でなく,地方的領主から村内の小地主まで,さまざまであった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ザミーンダーリーせいど【ザミーンダーリー制度 Zamīndārī System】

1793年コーンウォリス総督によってベンガル管区に導入され,以後イギリス支配期を通じて北インドを中心に実施された土地所有・徴税制度。〈永代ザミーンダーリー(地税)制度〉ともよばれる。〈ザミーンダールZamīndār〉とは,ペルシア語のザミーンzamīn(土地)とダールdār(所有者)の合成語で,土地保有者一般を意味したが,本来,イギリス支配以前に存在していたヒンドゥー領主層,村落の小地主層,またムガル時代に土着化していったムスリム(イスラム教徒)豪族層など多様な在地支配層が含まれていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ザミーンダーリー制度の関連キーワードライーヤトワーリー制度マハールワーリー制度タールクダール