コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザンクトペルテン ザンクトペルテンSankt Pölten

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザンクトペルテン
Sankt Pölten

オーストリア北東部,ニーダーエスターライヒ州州都ウィーンの西約 60kmのトライゼン川沿いに位置する。古くはローマの植民地で,8世紀に修道院を中心に発達。 1159年に都市権を獲得。 1490年までパッサウ司教領。市庁舎のほか,聖堂,礼拝堂などの歴史的建築物が多い。化学,製紙,機械,繊維などの工業が立地。人口4万 9805 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ザンクト‐ペルテン(Sankt Pölten)

オーストリア北東部、ニーダーエスターライヒ州の都市。同州の州都。中世より織物業が発展し、現在も繊維産業、機械工業が盛ん。17世紀から18世紀にかけて建造、または改築されたバロック建築の建造物が数多く残っている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ザンクトペルテンの関連キーワードバロック建築ツダルスキーマック

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ザンクトペルテンの関連情報