コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアン化物 シアンかぶつcyanide

翻訳|cyanide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シアン化物
シアンかぶつ
cyanide

シアン化水素酸の塩。青酸塩ともいう。アルカリ金属アルカリ土類金属の塩はイオン性が強く,水によく溶け,水溶液は加水分解によって強アルカリ性を示す。重金属 (Ag,Auなど) の中性塩は共有結合性の強い,水に難溶性の結晶であるが,過剰のシアン化物イオンの存在で,シアノ錯塩を形成して水に可溶となることが多い。シアン化水素は非常に弱い酸であるため,シアン化物は空気中の二酸化炭素によっても徐々に分解し,強酸とともに加熱するとシアン化水素を発生する。いずれも猛毒で,密栓して保存し,取扱いには注意を要する。金属メッキ液に使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シアンか‐ぶつ〔‐クワ‐〕【シアン化物】

シアン基-CNを含む化合物総称。ふつう、金属と化合したものをいう。一般に強い毒性がある。青化物

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

シアンかぶつ【シアン化物】

シアン化水素酸(HCN)の塩。俗に青酸塩という。シアン化カリウム・シアン化ナトリウムなど。青化物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シアン化物
しあんかぶつ
cyanide

一般式MICNで示される化合物で、シアン化水素HCNの塩をいう。また、ニトリルやシアノ錯塩もシアン化物とよばれることがある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシアン化物の言及

【ニトリル】より

…炭化水素基にシアン基-C≡Nが結合した化合物の総称で,シアン化物ともいう。一般式R-C≡N。…

※「シアン化物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シアン化物の関連キーワードヘキサシアノ鉄(III)酸塩ヘキサシアノ鉄(II)酸塩フェリシアン化カリウムフェロシアン化カリウムチトクロム酸化酵素シアン化カルシウムビタミンB12発酵アセトニトリルベンゾニトリルカルビルアミンイソニトリルマイケル付加チオシアン酸空中窒素固定シアノ銀酸塩シアン化水銀シアノ金酸塩シアン化金無機化合物ルミノール

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android