コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェーンライン シェーンライン Schönlein, Johann Lukas

3件 の用語解説(シェーンラインの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェーンライン
シェーンライン
Schönlein, Johann Lukas

[生]1793.11.30. バンベルク
[没]1864.1.23. バンベルク
ドイツの医師,現代臨床医学およびその教育法の先覚者。 1824年以来,ウュルツブルクチューリヒベルリン各大学教授。実証医学を唱え,診断に打診法,聴診法,顕微鏡や試薬による尿や血液の検査法の採用と応用を試み,また,ドイツで初めてラテン語を使わない自国語の講義を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シェーンライン【Johann Lukas Schönlein】

1793‐1864
ドイツの臨床医学者。臨床医学の科学化,臨床医学教育の改善で知られている。バンベルク生れ。ラントシュート大学で初め自然科学を,ついで医学を,さらにビュルツブルク大学で学位を受け,1819年同市のユリウス病院臨床主任,24年ビュルツブルク大学病理各論および治療学の正教授となる。上記病院での彼の実践と教育は同病院を短期間でドイツの有名病院にした。青年時代,自然哲学的傾向があり,後年には自然史的傾向が強くなり,〈自然史学派〉の筆頭にあげられることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シェーンライン
しぇーんらいん
Johann Lukas Schnlein
(1793―1864)

ドイツの内科医。バイエルン生まれ。ランズフート大学、ウュルツブルク大学を卒業して医師となった。ウュルツブルク大学講師を経て、1824年病理学と治療学の教授に就任したが、1832年自由主義者との理由で解任された。翌1833年新設のチューリヒ大学の臨床教授として招かれ、1839年侍医兼大学教授としてベルリンに転じた。自然科学的観察と物理化学的診断による科学的医療の実践に終始し、黄癬(おうせん)の病原糸状菌の発見、紫斑(しはん)病、腸チフス患者の腸管内結晶などの報告があるが、著述は少ない。[古川 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シェーンラインの関連キーワード基礎医学専門医放射線科臨床医学臨床医研究医イヴォン係数(臨床医学)エルプ現象(臨床医学)ドイツ科学者・医学者協会《臨床医学の誕生》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone