シエラ・マドレ山脈(読み)しえらまどれさんみゃく(英語表記)Sierra Madre

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シエラ・マドレ山脈
しえらまどれさんみゃく
Sierra Madre

メキシコの北西から南東にかけて連なる山脈群の総称。北はロッキー山脈に続き、南端はグアテマラに達する。全長2400キロメートル。太平洋岸に沿う西シエラ・マドレ山脈と、メキシコ湾岸に並行する東シエラ・マドレ山脈、南部の南シエラ・マドレ山脈の三つの部分よりなる。東・西シエラ・マドレ山脈は南部で横断山脈と交わり、北緯19度線に沿いポポカテペトル火山(5452メートル)、イタクシワトル火山(5326メートル)、オリサバ火山(5675メートル)など5000メートル級の火山がそびえる。これらの火山は東・西シエラ・マドレ山脈の間に広がるアナワク高原に融雪水をもたらし、乾燥地域を沃野(よくや)としている。シエラ・マドレ(「母の山脈」の意)の名称の由来はここにある。アステカ文明の中心地テノチティトラン(現在のメキシコ市)は、この地に建設された。東西の交通は比高が1000メートルもあるため不便である。[高木秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android