シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)(読み)シオカラトンボ(英語表記)Orthetrum albistylum speciosum

世界大百科事典 第2版の解説

シオカラトンボ【シオカラトンボ(塩辛蜻蛉) Orthetrum albistylum speciosum】

トンボ目トンボ科の昆虫(イラスト)。日本列島の平地産のもっともふつうなトンボで,北海道から琉球諸島の南端まで,さらに中国各地,台湾にも見られるが,東南アジアや東シベリアには産しない。ただし中央アジアから南ヨーロッパにかけてはもっと小型の原亜種が知られている。体長50~55mm。を俗にムギワラトンボと称するが,雄でも未熟個体は麦わら色で,雄だけが成熟によって黒化し白粉を生ずる。幼虫は平地の各種の浅い水たまりに成育し,体表に剛毛を生じたの短いヤゴである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android