コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シオカラトンボ(塩辛蜻蛉) シオカラトンボ Orthetrum albistylum speciosum

1件 の用語解説(シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シオカラトンボ【シオカラトンボ(塩辛蜻蛉) Orthetrum albistylum speciosum】

トンボ目トンボ科の昆虫(イラスト)。日本列島の平地産のもっともふつうなトンボで,北海道から琉球諸島の南端まで,さらに中国各地,台湾にも見られるが,東南アジア東シベリアには産しない。ただし中央アジアから南ヨーロッパにかけてはもっと小型の原亜種が知られている。体長50~55mm。雌を俗にムギワラトンボと称するが,雄でも未熟個体は麦わら色で,雄だけが成熟によって黒化し白粉を生ずる。幼虫は平地の各種の浅い水たまりに成育し,体表に剛毛を生じた肢の短いヤゴである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)の関連キーワード青糸蜻蛉早苗蜻蛉塩辛蜻蛉塩屋蜻蛉羽黒蜻蛉昔蜻蛉メガネウラ糸蜻蛉川蜻蛉腰明蜻蛉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone