コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シギダチョウ シギダチョウ Tinamidae; tinamous

2件 の用語解説(シギダチョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シギダチョウ
シギダチョウ
Tinamidae; tinamous

シギダチョウ目シギダチョウ科の鳥の総称。約 50種からなり,体長 15~49cmで,たいてい雌の方が大きい。羽色はほとんどの種が褐色や灰色の地に暗色の斑や縞をもつ。頭部は小さく,と頸は細く,脚はじょうぶで,尾は短い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シギダチョウ
しぎだちょう / 鷸駝鳥
tinamou

鳥綱シギダチョウ目シギダチョウ科に属する鳥の総称。この科Tinamidaeには約9属46種が含まれる。全長20~54センチメートルウズラのような体形の地上生の鳥で、尾は短く、足はよく発達している。翼は短く丸く、飛ぶことはできるが、飛翔(ひしょう)力は弱くて、長距離を飛ぶことはない。外敵に対しては、やぶの中に逃げ込むか、じっとしていて難を逃れる。羽色は一般に褐色や灰色に縞(しま)や模様があり、隠蔽(いんぺい)色として役だっている。中央・南アメリカに広く分布する。とくに熱帯南アメリカにすむ種が多い。生息環境は、低地の熱帯多雨林や乾燥したパンパからアンデス山脈の高地まで及ぶ。食性は種によって異なるが、種子、果実、漿果(しょうか)、芽などの植物質が食物の大部分を占め、昆虫類その他の小動物も餌(えさ)とする。繁殖様式も種によって異なり、一夫一妻、一夫多妻、一妻多夫のものがある。多くのものは単独、つがい、あるいは小群で生活しているが、草原にすむカンムリシギダチョウEudromia elegansは100羽近くの群れをつくる。地面のくぼみや木の根元に若干の草や小枝を敷くか、あるいはまったく巣をつくらずに、1腹1~12個の卵を産む。卵は光沢のある濃緑色、チョコレート色、黒色、紫色、灰色などで、鳥の卵のうちでもとくに美しいといわれている。抱卵は雄だけで行い、雛(ひな)は早成性で、孵化(ふか)後まもなく自分で餌をあさるが、雛の保護も雄の役目である。鳴き声は一般に数声の笛声である。しかし、生態のわかっていない種が多い。肉は美味で、原住民はわなでとらえて食用とする。キジやシャコなどのいない南アメリカでは、主要な猟鳥となっている。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シギダチョウの関連キーワード駝鳥鷸駝鳥杓鴫ふしぎだいすきふしぎ大調査フシギダネシギ(鷸∥鴫)シギダチョウ(鷸駝鳥)ダチョウ(駝鳥)カンムリシギダチョウ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone