コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シストセンチュウ cyst nematode

世界大百科事典 第2版の解説

シストセンチュウ【cyst nematode】

ダイズ萎黄(いおう)病の病原センチュウであるダイズシストセンチュウHeterodera glycines,ジャガイモに大きな被害をもたらすジャガイモシストセンチュウGlobodera rostochiensisなどを含む,センチュウの中で農業上もっとも重要なヘテロデラ科Heteroderinae亜科のセンチュウの総称。雌成虫はレモン型や球形に肥大し,数百個の卵は体内で成熟,一部体外に産む。その後,卵を内蔵したまま死んで褐色のシスト(包囊)となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シストセンチュウ
しすとせんちゅう / 被嚢線虫
cyst nematode

袋形(たいけい)動物門線虫綱に属するヘテロデラ属Heteroderaとグロボデラ属Globoderaの植物寄生線虫。温帯から寒帯に至る地域に分布する線虫で、100種近くが知られている。雌成虫は白色で直径1ミリメートル足らずの球形ないしレモン形であるが、この雌が死ぬと、体が白色から褐色に変わり、300~500個の卵を入れたケシ粒大の袋になる。これをシストcystとよぶのでこの名がある。線虫の生活は、まず体長約0.5ミリメートルの細長い幼虫が根に侵入し、組織の1か所に定住して雌または雄の成虫に成長する。雄は体長約1.5ミリメートルで細長いが、雌は体の肥大につれて根の組織を破り表面にはみ出すので、注意すると肉眼でも観察できる。シスト内の卵は土の中で5年以上も0℃以下の低温や乾燥に耐え、寄主植物が植えられると、その根から出される特有の化学物質に感応して一斉に孵化(ふか)し、幼虫は根の方向に進んで寄生する。日本では、古くからダイズに被害を及ぼすダイズシストセンチュウH. glycines、1972年(昭和47)北海道のジャガイモに初発生した世界一級の重要病害虫の一つジャガイモシストセンチュウG. rostochiensisなどがある。同じ作物の連作は土壌中の線虫密度を飛躍的に高めて大被害の原因となる。[一戸 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シストセンチュウの関連キーワード植物線虫病土壌線虫

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シストセンチュウの関連情報