コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シティグループ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シティグループ

世界有数の資産を持つ金融グループ。100以上の国に拠点があり、約2億人の顧客口座がある。日本には1902(明治35)年に進出した。今年9月末で、首都圏大阪名古屋福岡札幌などに38拠点がある。

(2011-12-03 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

シティグループ

正式社名「シティグループ・インク」。英文社名「Citigroup Inc.」。金融業。1998年「シティコープ」と「トラベラーズ・グループ・インク」が合併し設立。本社はアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク。金融持株会社。銀行・証券業務が主柱。世界100ヵ国以上で事業展開。東京(第1部)・ニューヨーク・メキシコの各証券取引所上場。証券コード8710。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シティグループ
Citigroup

アメリカ合衆国の総合金融サービス会社。1812年シティ・バンク・オブ・ニューヨークとして設立,1865年ナショナル・シティ・バンク・オブ・ニューヨークと改称。南北戦争後の経済発展,ロックフェラー財閥の協力などもあって 1890~1900年にはアメリカ第1位の銀行に成長した。1955年ファースト・ナショナル・バンクを合併してファースト・ナショナル・シティ・バンクとなった。1967年経営多角化のため持株会社ファースト・ナショナル・シティを設立。持株会社は 1974年シティコープに,傘下の銀行は 1976年シティバンクにそれぞれ名称を変更した。1970年代後半には現金自動預入支払機 ATMの運用を開始。その後ダイナースクラブなどのクレジットカード会社を買収し,カード事業でもシェアを拡大したほか,貯蓄と住宅ローンを手がける金融機関を買収,20世紀後半には全世界に約 3000の支店をもつ世界最大の金融会社の一つとなった。1998年投資銀行大手のソロモン・スミス・バーニーなどを傘下にもつ総合金融サービス会社のトラベラーズ・グループ(→トラベラーズ)と合併しシティグループが発足,証券や投資,保険を扱う総合金融会社となった。2002年トラベラーズの損害保険部門を分離。2008年にはサブプライムローン問題で多額の損失を計上し,アメリカ政府から公的資金の援助を受けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シティグループ
してぃぐるーぷ
Citigroup Inc.

アメリカの大手商業銀行シティバンクを擁する巨大金融サービス会社。1998年10月にシティバンクの親会社である大手銀行持株会社のシティコープCiticorp.(当時全米第2位)と、保険、消費者金融、投資運用などの金融サービスを行うトラベラーズ・グループTravelers Group Inc.が合併し設立された。両社の合併により誕生したシティグループは、銀行、証券、投資サービス、資産運用、各種保険など多角的な総合金融サービスにおいて大きな力を発揮する。[佐藤定幸・萩原伸次郎]

シティバンク

シティバンクの歴史は1812年に設立されたシティ・バンク・オブ・ニューヨークにまでさかのぼるが、1955年にファースト・ナショナル・バンク・オブ・ニューヨークと合併し、ファースト・ナショナル・シティ・バンク・オブ・ニューヨークとなって飛躍的な発展を遂げた。シティバンクに改められたのは1976年。アメリカの大銀行の多くは、銀行そのものの活動に関する法的規制を免れるため、単一銀行持株会社をつくって自らをその子会社としているが、シティバンクも形式上単一銀行持株会社シティコープ(1967年にファースト・ナショナル・シティ・コーポレーションとして設立、1974年に現社名に改称)の子会社となり、1998年にはシティグループの一員となる。シティバンクの活動は銀行業務のあらゆる分野にまたがっており、海外活動もきわめて活発で、100か国以上に約3000の支店、駐在員事務所、子会社などが配置されている。日本では1902年(明治35)に横浜支店を開設して以来の長い歴史をもつ。また、1981年にはダイナース・クラブDiners Clubを吸収合併するなど、カード業界にも進出した。[佐藤定幸・萩原伸次郎]

トラベラーズ・グループ

トラベラーズ・グループは1986年に当時の親会社であるコントロール・データControl Data Corp.からスピンオフspin-off(会社がその一部を切り離して独立させること)したコマーシャル・クレジットCommercial Creditがその前身である。1988年、コマーシャル・クレジットは総合金融業のプライメリカPrimerica Corp.を買収後、社名をプライメリカに変更。証券・生命保険に進出したプライメリカは1992年トラベラーズTravelers Corp.の株式27%を取得後、翌1993年すべての株式を取得して投資銀行・証券業のスミス・バーニーSmith Barney Holdings Inc.と合併し、トラベラーズTravelers Inc.に社名変更した。同年、アメリカン・エキスプレスよりシェアソン・リーマン・ブラザーズShearson Rehman Brothersのリテール(小売り・個人金融取引)部門と資産運用部門を買収した。1995年トラベラーズ・グループに社名を変更。1998年、シティコープと合併してシティグループ傘下となった。[佐藤定幸・萩原伸次郎]

多角的事業展開

シティグループは、シティバンク、投資証券業のソロモン・スミス・バーニー、保険業のトラベラーズ・プロパティ・カジュアルティ、トラベラーズ・ライフ・アンド・アニュイティ、プライメリカ・ファイナンシャル・サービスなどの事業子会社を通して多角的な金融サービスを世界100か国以上で行っている。1999年(平成11)、日興証券(現、日興コーディアル証券)との合弁による日興ソロモン・スミス・バーニー証券会社(NSSB、現シティグループ証券)が設立された。また、1990年(平成2)に業績の悪化から日本ダイナースクラブの全株式を手放したが、日本でのリテール分野強化のため1999年11月に再度買い戻した。1999年の総資産高は7169億3700万ドル、預金高は2610億9100万ドル。[佐藤定幸・萩原伸次郎]

その後の動き

グループの簡素化、収益率の向上が図られ、証券と銀行を中心とする金融グループに再編された。2002年に損保部門はスピンオフされ、翌年アメリカのセント・ポールSt.Paul社と合併し、2005年には生保・年金部門がアメリカのメットライフMet Life社に売却された。2007年にブランド名を「シティCiti」に変更し、グループ内の投資銀行とプライベートバンク、調査部門、オルタナティブ投資部門でシティの名称を使っている。また、証券部門はシティ・スミス・バーニー、銀行部門はシティバンクを使用している。2008年の総資産高は1兆9384億7000万ドル、預金高は7741億8500万ドル。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シティグループの関連キーワード中核的自己資本(コアティア1)ウィンフリッド ビショッフロバート ウィルムスタッドヴィクラム パンディット日興コーディアルグループスタンリー フィッシャーリチャード パーソンズメトロポリタン生命保険JPモルガン・チェースバンク・オブ・アメリカダグラス ピーターソンサリー クロウチェックチャールズ プリンスジェームズ ダイモン日興コーディアル証券ウェスタン・ユニオンシティコープ[会社]サンフォード ワイルロックフェラー財閥アメリカン・キャン

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シティグループの関連情報