コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シナイ[山] シナイ

1件 の用語解説(シナイ[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シナイ[山]【シナイ】

旧約聖書の《出エジプト記》で,モーセが神から十誡を授かった山。シナイ半島中央部にあるムーサー山(2285m)がこれにあたるとされ,この山麓のカタリナ修道院で1844年,4世紀のシナイ写本が発見された(1859年の再発見で重要性が認められた)。
→関連項目シナイ半島聖カトリーナ修道院地域中東戦争

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のシナイ[山]の言及

【カタリナ[アレクサンドリアの]】より

…そのため車輪につながれたが,車輪が奇跡によって大破し,斬首されて殉教。屍は天使がシナイ山に運んだ。今日シナイ山のカタリナ修道院には彼女の墓といわれるものがある。…

【カタリナ修道院】より

…シナイ半島南部ムーサー山(聖書のシナイ山)の北の山麓にある修道院。527年にビザンティン皇帝ユスティニアヌス1世によって建立された。…

【シナイ】より

…南部のモーセ山にはかつて,ここにある修道院の警護にあたっていたボスニアとワラキアの農奴の子孫であるジェベリエ族がいる。 シナイの語源は,前3000年ころのメソポタミアのアッカド語で〈月の神〉を意味するシンSinという言葉である。旧約聖書でモーセが十誡を授かったシナイ山は現在のモーセ山(ムーサー山)とされ,その山麓にはカタリナ修道院が建てられている。…

※「シナイ[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シナイ[山]の関連キーワードエジプト暦旧約聖書出エジプト記モーセモーセ五書エジプト鼠エジプト綿聖カトリーナ修道院目には目を歯には歯をモーセの十戒

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone