コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シナイ山 シナイザン

大辞林 第三版の解説

シナイさん【シナイ山】

イスラエルの民を率いてエジプトを脱出したモーセが、神ヤハウェから十戒を授けられた山。シナイ半島南部にあるとされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シナイ山
しないさん
snayヘブライ語
Mt. Sinai英語

『旧約聖書』において、モーセに率いられてエジプトを脱出したイスラエルの先祖が、神ヤーウェと契約を結び(いわゆる「シナイ契約」)、モーセを介して十戒をはじめとする諸律法を神から与えられた、と伝えられる山(「出エジプト記」24章ほか)。神ヤーウェは、『旧約聖書』の古い伝承のなかで、「シナイのお方(かた)」(ゼー・シーナイ)ともよばれており(「士師記」5章5節)、シナイ山はイスラエルの神ヤーウェ(崇拝)の起源の地であったらしい。その位置はかならずしも確定しえないが、伝統的には現在のシナイ半島南端のシナイ山、別名「モーセの山」(2285メートル)がそれであったとされている。[月本昭男]

世界遺産の登録

シナイ山麓に6世紀中ごろに建設された聖カトリーナ(カテリーナ、エカテリニ)修道院が2002年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「聖カトリーナ修道院地域」として世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シナイ山の関連キーワードヴァレリオ・マッシモ マンフレディカタリナ[アレクサンドリアの]契約(ユダヤ教、キリスト教)カタリナ[アレクサンドリア]聖カトリーナ修道院地域ヨハネス・クリマクス聖カトリーナ修道院ビザンティン美術シナイ版聖書写本キリストの変容カタリナ修道院シナイア修道院モーセの律法ブルクハルトモーセの十戒シェキーナーヨベルの書十戒・十誡山上の垂訓ユダヤ教

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android