シニグリン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シニグリン
しにぐりん
sinigrin

からし油配糖体の一種。ミロン酸カリウムともいう。和がらし、黒がらしの種子や、ワサビの根茎に含まれる。白色柱状ないしは針状晶。融点129~130℃。水に溶けやすいが、エタノール(エチルアルコール)には溶けにくく、エーテルには不溶である。チオグルコース誘導体で、黒がらしの種子に存在する酵素、チオグルコシダーゼ(シニグリナーゼ、ミロシナーゼともいう)により加水分解され、からし特有の刺激性のあるイソチオシアン酸アリルとグルコースおよび硫酸水素カリウムとなる。[飯島道子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシニグリンの言及

【ミロン酸カリウム】より

シニグリンsinigrinともいう。カラシ配糖体の一つ。…

※「シニグリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android