シニグリン

  • sinigrin

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

からし油配糖体の一種。ミロン酸カリウムともいう。和がらし、黒がらしの種子や、ワサビの根茎に含まれる。白色柱状ないしは針状晶。融点129~130℃。水に溶けやすいが、エタノール(エチルアルコール)には溶けにくく、エーテルには不溶である。チオグルコースの誘導体で、黒がらしの種子に存在する酵素、チオグルコシダーゼ(シニグリナーゼ、ミロシナーゼともいう)により加水分解され、からし特有の刺激性のあるイソチオシアン酸アリルとグルコースおよび硫酸水素カリウムとなる。

[飯島道子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

C10H16NO9KS2(397.47).アブラナ科カラシナBrassica cernuaの種子や西洋ワサビAlliaria officinalis Andrz.の根に含まれている配糖体.カラシにこの物質とともに含まれている酵素ミロシンの作用で,加水分解して刺激性の強いカラシ油([別用語参照]イソチオシアン酸アリル)とグルコースを生じる.一水和物は融点127~129 ℃.無水物は融点179 ℃.-16.4°(水).[CAS 3952-98-5]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシニグリンの言及

【ミロン酸カリウム】より

シニグリンsinigrinともいう。カラシ配糖体の一つ。…

※「シニグリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android