コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シフォン chiffon

翻訳|chiffon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シフォン
chiffon

織物名。薄っぺらな布の意のフランス語 chiffeから転じた語。絹またはキュプラアセテートなどで織った,きわめて軽く柔らかい薄い平織物で,一種の経緯縮緬 (ちりめん) 。用途は広く,イブニングドレスウェディングドレスブラウスなどの婦人服のほかに,衣服の縁飾り,婦人帽,あるいは電気スタンドの笠,人形などにも使用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シフォン

絹モスリンとも。細い強撚(きょうねん)の絹糸で平織にした薄地の柔軟な織物。近年は化繊合繊も用いる。イブニングドレス,ベール,スカーフなどにする。薄く柔軟に仕上げた絹織物一般の呼称にもなっていて,シフォン・ベルベット,シフォン・タフタなどという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

シフォン

サンリオのキャラクターシリーズ「シナモエンジェルス」のメインキャラクター。耳の大きな、クリーム色の犬の女の子。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シフォン【chiffon】

フランス語で〈ぼろ〉の意であるが,地が薄く柔らかく透明感のある,紗に似た絹織物。絹モスリンとも呼ぶ。同方向の撚りの細い中強撚糸を経緯(たてよこ)同密度くらいの平織にした生絹(きぎぬ)で,無地のほか,無撚糸,色糸金銀糸のすじ入りや紋柄裏切りがある。織り上げたのち,白生地のままか捺染して用いる。第2次世界大戦前はインド,欧米に多く輸出された。ベール,肩掛け,イブニングドレス,フリル,窓掛け等に使われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シフォン【chiffon】

たてよこともに同じ太さの片撚かたより生糸を用いた平織物。薄く柔らかい。ベール・イブニング-ドレス・リボンなどに用いる。絹モスリン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

シフォンの関連キーワードサード・ブン・アビー・ワッカースチリダテス3世[古代イラン]チリダテス2世[古代イラン]エルンスト キューネルシャーリング(手芸)カーディシーヤの戦いサリー(民族衣装)トランスペアレントCDショップ大賞ホスロー[2世]アルタバヌス5世アルダシール1世カクテル・ドレスシースルールックニューレイヤードヘラクレイオスレプトシフォンシフォンケーキネハーバンドホスロー2世

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シフォンの関連情報