シフォン(英語表記)chiffon

翻訳|chiffon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「シフォン」の解説

シフォン
chiffon

織物名。薄っぺらな布ののフランス語 chiffeから転じた語。またはキュプラ,アセテートなどで織った,きわめて軽く柔らかい薄い平織物で,一種経緯縮緬 (ちりめん) 。用途は広く,イブニングドレス,ウェディングドレス,ブラウスなどの婦人服のほかに,衣服の縁飾り,婦人帽,あるいは電気スタンドの,人形などにも使用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「シフォン」の解説

シフォン

〘名〙 (chiffon)
① ごく薄い平織の絹織物で、あらく織り、完全精練を施さないもの。ブラウス、ストール、ベールなどに用いる。絹モスリン。
② 軽くて柔らかい仕上げをした織物に付ける説明語。シフォン‐ベルベット、シフォン‐タフタなど。
③ 婦人服の縁飾りのこと。レース、リボンなど。〔アルス新語辞典(1930)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「シフォン」の解説

シフォン

絹モスリンとも。細い強撚(きょうねん)の絹糸で平織にした薄地の柔軟な織物。近年は化繊合繊も用いる。イブニングドレス,ベール,スカーフなどにする。薄く柔軟に仕上げた絹織物一般の呼称にもなっていて,シフォン・ベルベット,シフォン・タフタなどという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「シフォン」の解説

シフォン【chiffon】

フランス語で〈ぼろ〉の意であるが,地が薄く柔らかく透明感のある,紗に似た絹織物。絹モスリンとも呼ぶ。同方向の撚りの細い中強撚糸を経緯(たてよこ)同密度くらいの平織にした生絹(きぎぬ)で,無地のほか,無撚糸,色糸,金銀糸のすじ入りや紋柄の裏切りがある。織り上げたのち,白生地のままか染して用いる。第2次世界大戦前はインド欧米に多く輸出された。ベール,肩掛け,イブニングドレス,フリル,窓掛け等に使われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android