コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シフォン シフォン chiffon

翻訳|chiffon

6件 の用語解説(シフォンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シフォン
シフォン
chiffon

織物名。薄っぺらな布の意のフランス語 chiffeから転じた語。絹またはキュプラアセテートなどで織った,きわめて軽く柔らかい薄い平織物で,一種の経緯縮緬 (ちりめん) 。用途は広く,イブニングドレス,ウェディングドレス,ブラウスなどの婦人服のほかに,衣服の縁飾り,婦人帽,あるいは電気スタンドの笠,人形などにも使用されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シフォン(〈フランス〉chiffon)

ごく薄い平織りの絹織物で精練を施さないもの。ブラウス、スカーフベールなどに用いられる。絹モスリン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シフォン

絹モスリンとも。細い強撚(きょうねん)の絹糸で平織にした薄地の柔軟な織物。近年は化繊,合繊も用いる。イブニングドレス,ベール,スカーフなどにする。薄く柔軟に仕上げた絹織物一般の呼称にもなっていて,シフォン・ベルベットシフォンタフタなどという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

シフォン

サンリオのキャラクターシリーズ「シナモエンジェルス」のメインキャラクター。耳の大きな、クリーム色の犬の女の子

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シフォン【chiffon】

フランス語で〈ぼろ〉の意であるが,地が薄く柔らかく透明感のある,紗に似た絹織物。絹モスリンとも呼ぶ。同方向の撚りの細い中強撚糸を経緯(たてよこ)同密度くらいの平織にした生絹(きぎぬ)で,無地のほか,無撚糸,色糸,金銀糸のすじ入りや紋柄の裏切りがある。織り上げたのち,白生地のままか捺染して用いる。第2次世界大戦前はインド,欧米に多く輸出された。ベール,肩掛け,イブニングドレス,フリル,窓掛け等に使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

シフォン【chiffon】

たてよこともに同じ太さの片撚かたより生糸を用いた平織物。薄く柔らかい。ベール・イブニング-ドレス・リボンなどに用いる。絹モスリン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シフォンの関連キーワードフレンチフラングレアベプレボーテレビ テレビでフランス語デフィまぼろしラジオ まいにちフランス語ランボウルカイルラセコルネアン

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シフォンの関連情報