コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シマセンニュウ シマセンニュウ Locustella ochotensis; Middendorff's grasshopper warbler

2件 の用語解説(シマセンニュウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シマセンニュウ
シマセンニュウ
Locustella ochotensis; Middendorff's grasshopper warbler

スズメ目センニュウ科。全長 16cm。背面はオリーブ褐色で,クリーム色の眉斑がある。下面は白いが,胸や脇は淡褐色を帯びている。ロシア本土のオホーツク海沿岸域,千島列島サハリン島,日本などに繁殖分布し,冬はフィリピンボルネオ島スラウェシ島などに渡る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シマセンニュウ
しませんにゅう / 島仙入
Middendorff's grasshopper warbler
[学]Locustella ochotensis

鳥綱スズメ目ヒタキ科ウグイス亜科の鳥。カムチャツカ半島千島列島北海道を含むオホーツク海沿岸に繁殖分布する。また別亜種が朝鮮半島、福岡県机島、伊豆諸島の三宅(みやけ)島と八丈島、三重県熊野灘(くまのなだ)沿岸の草原やメダケ林で繁殖する。ともにフィリピン、ボルネオ島などに渡り越冬する。全長約15センチメートル。上面はオリーブ褐色、下面は淡灰色。北海道では湿地近くの草原にすみ、草の中を伝い歩きしながら昆虫をとる。6、7月に地上近くに巣をつくり、5~6個の卵を産む。繁殖期の雄は、早口でさえずりながら丈の高い草の茎を伝い登り、空中へ舞い上がる。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシマセンニュウの言及

【センニュウ(仙入)】より

…どの種も全体に褐色のじみな羽色をしていて,外観はウグイスやヨシキリに似ている。この属はユーラシア大陸に広く分布し,日本ではエゾセンニュウL.fasciolata(イラスト),シマセンニュウL.ochotensis(イラスト),マキノセンニュウL.lanceolata(イラスト),ウチヤマセンニュウL.pleskeiの4種が生息し,シベリアセンニュウL.certhiolaが迷鳥としての記録がある。このうちウチヤマセンニュウは北海道と伊豆諸島や九州の離島で,他の3種は北海道だけで繁殖する。…

※「シマセンニュウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シマセンニュウの関連キーワードニュウナイスズメ楓鳥潜入入内雀紅雀蝦夷潜入烏秋大雪加センニュウ(仙入)スズメ目

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone