シメオン[ストゥディオス](英語表記)Simeon of Studios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シメオン[ストゥディオス]
Simeon of Studios

[生]949. パフラゴニア,ガラテ
[没]1022.3.12.
ビザンチンの神秘主義著作家。「新神学者」とも呼ばれる。初め皇帝に仕えたが,977年ストゥディオスの修道士となる。のちコンスタンチノープルに移り,同地の修院長となったが (981) ,独特の教説が批判を受けて小アジアのタルキトンに流され,ゆるされたあとも生涯を同地におくった。きわめて多くの著作があり,神秘家としては神の内在とその光を強調し,人間精神のいたりうる最高段階は神化であることを唱え,ヘシカズム (静寂主義) に理論的根拠を与えた。しかしその神学は同時にキリスト中心的で,聖餐の重要性が強調されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android