コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シメジ(占地) シメジLyophyllum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シメジ(占地)
シメジ
Lyophyllum

担子菌類マツタケ目シメジタケ科のキノコ。ホンシメジ (ダイコクシメジ) L. aggregatum,シャカシメジ (センボンシメジ) L. fumosumの2種が特に有名な食用菌である。いずれも夏秋の頃に,林下の地上に叢生する菌根菌である。傘はまんじゅう形,のちに平らになり,色は暗色,灰色,淡灰褐色で粘性はなく乾いた感じがする。前者は叢生しても1本ずつが独立し,柄は下端は著しくふくれるので,柄が細いままでしばしば互いに合着する後者とは異なる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シメジ【シメジ(占地) Lyophyllum shimeji (Kawamura) Hongo】

担子菌類キシメジ科のキノコ。ホンシメジとも呼び,美味な食用キノコである。かさは径2~8cm,はじめ半球形,後まんじゅう形から平らに開く。表面はねずみ色~淡灰褐色。かさの縁ははじめ内側に強くまく。肉は白色で緻密(ちみつ)。ひだは茎に湾生またはやや垂生し,白色~淡いクリーム色。茎は高さ3~8cm,白色で下部はとくり状に膨らむ。胞子は球形,大きさは4~6μm。秋,コナラ林またはコナラ・アカマツ混交林内の地上に群生,叢生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報