土瓶蒸し(読み)どびんむし

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

土瓶を使って作る蒸し物。まつたけの土瓶蒸しが代表的。まつたけ・白身魚・えび・鶏肉・みつば・ぎんなんなどのだし汁土瓶に入れて軽く蒸す。すだちやゆず果汁猪口(ちょこ)にしぼり入れ、土瓶からを注いで吸い物風に味わいながら、具も味わう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土瓶の中に種々の具を入れ、だし汁を張って蒸す料理。吸い物がわりにとくに小さい土瓶を器として用い、土瓶蒸しの名前をつけ、一つの料理として用いるようになったのは明治以後である。元来、マツタケの香りが中心のものだが、最近はシメジ、マイタケ、エノキタケなどを代用するか、キノコ類を全然用いないものもある。この場合は香辛料の味と香りが大きく作用する。仕上げにはスダチ、ユズなどをあしらう。

[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の土瓶蒸しの言及

【マツタケ(松茸)】より

…焼きマツタケは網にのせて焼くか,ぬらした和紙で包んで熱灰に埋めて蒸焼きにし,指で裂いてポンスしょうゆで食べる。土瓶蒸しは白身の魚,鶏肉,ぎんなん,ミツバなどととり合わせて専用の土瓶に入れ,調味しただしを満たし,ふたをしたまま直接火にかける。沸騰したところで火からおろし,スダチかダイダイの汁をしぼり込んで食べる。…

※「土瓶蒸し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土瓶蒸しの関連情報