シモフリフエフキ(読み)しもふりふえふき(英語表記)redspot emperor

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シモフリフエフキ
しもふりふえふき / 霜降笛吹
redspot emperor
pink ear emperor
[学] Lethrinus lentjan

硬骨魚綱スズキ目フエフキダイ科に属する海水魚。南西諸島、小笠原(おがさわら)諸島、台湾、南シナ海、タイランド湾など西太平洋、インド洋に広く分布する。体は楕円(だえん)形で、体高は高く、体長は体高の2.5~2.8倍。頭の背外郭はほとんど直線的。吻(ふん)は短くて、上唇を除く吻端から前鼻孔(ぜんびこう)までの距離は目の下縁から前鰓蓋骨(ぜんさいがいこつ)下縁までの距離とほとんど同長か、短い。両顎(りょうがく)の側歯は円錐(えんすい)形で、後部に強い臼歯(きゅうし)がある。主上顎骨の外側に縦の隆起がある。口蓋骨に歯がなく、頬(ほお)に鱗(うろこ)がない。背びれ棘(きょく)部の基部中央と側線の間の鱗は6枚。胸びれの腋部(えきぶ)の内側は密に鱗をかぶるか、無鱗(むりん)。主鰓蓋骨の後角部は鱗で覆われる。最大の全長は約50センチメートルであるが、普通は30センチメートルほど。体は背側面が緑色を帯びた灰色で、腹側面は淡い。背側面の鱗の中央部に白色点がある。鰓蓋の後縁と胸びれの基底は赤い。背びれの軟条部の縁辺と尾びれの縁辺は橙(だいだい)色または赤色。水深約50メートル以浅の砂底の上、ラグーン(潟湖(せきこ))の深所、サンゴ礁近くに生息する。稚魚や若い成魚は藻場(もば)の上、マングローブ帯、浅い砂底で群れているが、成魚はより深みに単独でいる。魚類、甲殻類、軟体動物、棘皮動物などを食べる。一本釣り、刺網(さしあみ)、定置網などで漁獲される。肉は白色で、刺身、汁物、焼き魚、煮魚などにするとおいしい。

[尼岡邦夫 2018年3月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例