シャイバーニー朝(読み)シャイバーニーちょう(英語表記)Shaibānī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャイバーニー朝
シャイバーニーちょう
Shaibānī

16世紀にウズベク族が中央アジアに樹立した王朝。 15世紀,キプチャク・ハン国の崩壊後シャイバーン家のアブル・ハイル・ハン (1429~68) がウズベク族を率いてチムール朝を攻め,ホレズムを奪い,その後,孫のムハンマド・シャイバーニー (在位 1500~10) がブハラサマルカンドを攻めチムール朝を滅ぼし,西トルキスタンにウズベク族のシャイバーニー朝を創建した。ブハラを占領した第 10代のアブドゥッラー2世 (在位 83~98) の時代が全盛期で,その領土はシルダリアの北やホラーサーンにまで広がった。この王朝は 1599年まで西トルキスタンを支配した。首都はサマルカンド。シャイバーニー朝の滅亡後,ブハラ・ハン国が興った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャイバーニーちょう【シャイバーニー朝 Shaybānī】

16世紀に,ウズベク族が西トルキスタンを中心に建設した国家。1500‐99年。ジュチの第5子シバンShiban(シャイバン)を始祖とするためにこの名で呼ばれる。アブー・アルハイル・ハーンは,ウズベクを統一して,キプチャク草原に遊牧国家を建設したが,その孫のシャイバーニー・ハーンは,定住地帯に攻め入り,ティムール朝を破り(1500),これにかわって西トルキスタンからホラーサーンを支配する国家をうちたてた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャイバーニー朝
しゃいばーにーちょう
Shaybn

ウズベク人が16世紀に、サマルカンドあるいはブハラを首都として建設した国家(1500~99)。チンギス・ハンの子ジュチの第5子シャイバンを始祖とするためにこの名でよばれる。ウズベク人は、アブール・ハイル・ハン(1412―68)のときに、キプチャク草原において統一を果たしたが、その孫のシャイバーニー・ハン(1451―1510)は、サマルカンド(1500)、ヘラート(1507)を占領し、ティームール朝にかわって、西トルキスタンからホラサーンを支配する国家を打ち立てた。王朝の黄金期は、アブドゥラー・ハン(1533/34―1598)の時代で、彼は国内の対抗勢力を討ってハン権力を強化し、外征によって領土を拡大する一方、貨幣制度を整え、公共事業をおこすなど内政の充実に努めた。しかし、彼の死後国家は崩壊し、ジャーン朝(1599~1785)にかわられた。[堀川 徹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシャイバーニー朝の言及

【ブハラ・ハーン国】より

ウズベク族が中央アジアに建設したスンナ派イスラム国家。シャイバーニー朝(1500‐99),ジャーンJān朝(アストラハン朝ともいう。1599‐1785),マンギットMangit朝(1753‐1920。…

※「シャイバーニー朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android