シャッセリオ(英語表記)Théodore Chassériau

大辞林 第三版の解説

シャッセリオ【Théodore Chassériau】

1819~1856) フランスの画家。アングルの弟子。ロマン派の代表的画家の一人。作「スザンナ」「化粧するエステル」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャッセリオ
しゃっせりお
Thodore Chassriau
(1819―1856)

フランスの画家。サント・ドミンゴ島のサント・バルブ・ド・サマナに生まれる。3歳のとき、18歳年上の兄のもとに託され、パリに育つ。1831年、12歳のときアングルの門に入り、その卓越した才質を認められ、アングルはローマに伴おうとしたが、経済的事情のためパリにとどまる。36年のサロンにデビューして成功を収め、39年には推薦を得てイタリアに留学、師に再会して6か月の滞在後帰国。『エステルの化粧』(1841・ルーブル美術館)、『姉妹』(1843・同上)が初期の主作品。42年ごろから色彩や形態に動きが現れ、主題にロマン派的傾向が強まる。46年のアルジェリア旅行はそれに拍車をかけ、ドラクロワの影響が強まる。パリ会計検査院の壁画(焼失)などが後期の主要作。ピュビス・ド・シャバンヌ、モロー、とくに後者に強い影響を与え、古典主義、ロマン主義から世紀末象徴主義への橋渡しをした。37歳で没。[中山公男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android