コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルチエ シャルチエChartier, Alain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャルチエ
Chartier, Alain

[生]1385頃.バイユー
[没]1435頃.アビニョン
フランスの詩人。パリ大学で学び,シャルル6世および7世の宮廷に王室公証人として仕え,ドイツベネチアなどの駐在大使をつとめ,また聖職禄も得た。『四貴女物語』 Le Livre des Quatre Dames (1416) は戦争で恋人や夫と離別した4人の女性を辛辣な風刺で描き,『四人罵詈 (ばり) 問答』 Le Quadrilogue invectif (22) は,国民の団結を呼びかける政治的な散文作品。最も有名な作品『つれなき美妃』 La Belle Dame sans merci (24) は美女の心を動かせずに死ぬ愛人の物語で,人間性の繊細な表現は心理的悲劇をうかがわせる。反女権的な内容で当時大きな論争を巻起した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シャルチエ

フランスの近代史家。高等師範学校を卒業後,パリ大学の助手などをへて,現在はパリの社会科学高等研究院で研究指導教授。〈アナール学派〉第4世代の旗手。哲学的な視点から従来のアナール学派の成果を批判的に摂取し,新しい文化の歴史学を提唱している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャルチエ
しゃるちえ
Alain Chartier
(1385ころ―1435ころ)

フランスの詩人、ラテン語雄弁家。ノルマンディーのバイユーに生まれる。シャルル7世の王太子時代にその秘書官を務め、また外交官としても敏腕を振るった。のちにパリおよびトゥール司教座聖堂参事会員となる。代表作に宮廷恋愛を歌った長詩『つれなき美女』Belle Dame sans merci(1424)、雄弁文学の傑作といわれる風刺的散文『四人讒罵(ざんば)問答』le Quadrilogue invectif(1422)があり、とくに韻律的な美しい散文によって「フランスのセネカ」とよばれている。[目黒士門]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シャルチエの関連キーワード奥羽本線秋田新幹線蔭涼軒日録広軌アラスの和約新幹線山形新幹線王蒙増上寺ヨーク家

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone