コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンペーニュ Philippe de Champaigne

2件 の用語解説(シャンペーニュの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シャンペーニュ【Philippe de Champaigne】

1602‐74
ブリュッセル生れのフランスの画家。シャンパーニュChampagneともいう。はじめ風景画家として修業をし,1621年にパリに出てプッサンとともにリュクサンブール宮殿の装飾に従事。28年王妃マリー・ド・メディシスの宮廷画家となり,ルイ13世リシュリューのために制作をし,ソルボンヌ教会天井のフレスコ画(1641‐44)も手がけた。この頃から厳格なカトリック教派ジャンセニスムの影響を受け,清澄な画風が支配する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャンペーニュ
しゃんぺーにゅ
Philippe de Champaigne (Champagne)
(1602―1674)

フランドル出身のフランスの画家。ブリュッセルに生まれる。同地で修業ののち1621年パリに出、リュクサンブール宮の装飾などに従事、27年いったんブリュッセルに帰るが、マリ・ド・メディシスの画家、王の侍従という待遇でパリに戻る。マリ・ド・メディシス、ルイ13世、さらに彼を重用した枢機卿(すうききょう)リシュリューのために装飾壁画、肖像を制作。とくに枢機卿の肖像(ルーブル美術館およびロンドン、ナショナル・ギャラリー)を、フランドル的写実性と、17世紀フランスの厳しい古典性で描いた。また43年以来ジャンセニスムを信奉、ポール・ロアイヤル修道院のために、より簡素な作風で作品を描く。『1662年の奉納画』(ルーブル美術館)などがその代表作。[中山公男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャンペーニュの関連キーワードエルンストスリューテルフランドルブリュージュブリュッセルベサリウスブラッセルアールブリュットブリュッセル公園

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone