コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャーク湾 シャークわん Shark Bay

3件 の用語解説(シャーク湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャーク湾
シャークわん
Shark Bay

オーストラリア,ウェスタンオーストラリア州西部にある湾。西はバーニアドール,ダークハートグの3島で,南と東は本土で囲まれ,ジオグラフ,ナチュラリスト両海峡でインド洋に通じる。長さ約 160km,幅約 80km。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シャーク‐わん【シャーク湾】

Shark Bay》オーストラリア、西オーストラリア州西岸の湾。主な町は湾口近くのカナーボン。水深2メートル程度の浅海が広がり、湾奥のハメリンプールでは現生のストロマトライト見られる。また、ジュゴンバンドウイルカジンベイザメなどが生息する。1991年、世界遺産自然遺産)に登録された。シャークベイ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャーク湾
しゃーくわん
Shark Bay

オーストラリア、ウェスタン・オーストラリア州中部西岸の湾。半島と島に囲まれ、二つの湾入に分かれる。湾口近くにカーナーボンCarnarvon(人口9152。2001)の町がある。エビ漁などの漁業と製塩が行われ、塩(年産約150万トン)は日本などに輸出される。1699年にダンピアが来航して命名した。このダンピアによる情報が『ガリバー旅行記』の馬の国の位置のヒントになったといわれる。なお、この湾は1991年に世界遺産の自然遺産として登録されている(世界自然遺産)。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャーク湾の関連キーワードオーストラリア区オーストラリア抗原オーストラリア亜区オーストラリアンバロット西オーストラリア南オーストラリアオーストラリア首都特別地域オーストラリア室内管弦楽団オーストラリア学会オーストラリアン・ミスト

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャーク湾の関連情報