コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャーパー Schaper, Edzard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャーパー
Schaper, Edzard

[生]1908.9.30. プロシア,オストロボ
[没]1984.1.29. スイス,ベルン
ドイツの作家。バルト3国での生活を経て,1947年以降スイスに定住。ナチスとソビエト連邦に迫害されながら,ギリシア正教と郷土の問題を執拗に追求した。主著『瀕死の教会』 Die sterbende Kirche (1936) ,『刑吏』 Der Henker (1940) ,『囚人の自由』 Die Freiheit des gefangenen (1950) ,『総督』 Der Gouverneur (1954) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャーパー
しゃーぱー
Edzard Schaper
(1908―1984)

スイス国籍の作家。当時のプロイセン(現ポーランド領)オストロボに生まれる。二度にわたる大戦中、自らの思想と信仰を守り、政治的自主性を貫くためにヨーロッパ各国を転々とした。ナチスの追跡を逃れ、1947年来スイスに移住。51年カトリックに改宗。「没落と変容」を主題とした15編の長編小説をはじめ、短編小説、翻訳、論文、随筆集など数多くの作品がある。[八城圀衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シャーパーの関連キーワード9月30日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android