コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャー・ジャハーン Shāh Jahān

世界大百科事典 第2版の解説

シャー・ジャハーン【Shāh Jahān】

1592‐1666
インド,ムガル帝国第5代皇帝。在位1628‐58年。第4代皇帝ジャハーンギールの子で,晩年の父とは対立しデカンに退いていたが,1627年秋,父が死ぬと翌年初めアーグラで帝位を継いだ。これに先だつ1612年,宮廷貴族中もっとも金持で権勢のあったアーサフ・ハーンの娘ムムターズ・マハルと結婚した。シャー・ジャハーンの治世は,内政面ではムガル帝国時代でもっとも安定した時期であった。外政面では,デカンのアフマドナガル王国を併合するなど領土を拡大するが,サファビー朝ペルシアと争ったアフガニスタン南部のカンダハールの奪取には失敗した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシャー・ジャハーンの言及

【タージ・マハル】より

…インドのアーグラ市にあり,ムガル帝国のシャー・ジャハーンが造営した愛妃の廟墓。名称は妃の名ムムターズ・マハルMumtāz Mahalに由来する。…

【デリー】より

…続いてスール朝のシェール・シャーにより1541年建設され,ムガル朝第2代皇帝フマーユーンにより改修されたのがプラーナー・キラーで,フマーユーンはここで死去し,その南方にあるフマーユーン廟に葬られた。 彼以後ムガル朝の首都はデリーを離れたが,第5代皇帝シャー・ジャハーンはアーグラからデリーに首都を移し,シャージャハーナーバードを建設した。これが現在残るオールド・デリーである。…

【ムガル細密画】より

…ビシャン・ダースBiṣan‐Dās,アブール・ハサンAbū’l Ḥasan,マンスールManṣūrらの画家がことに著名である。シャー・ジャハーン(在位1628‐58)の治世には,皇帝が絵画よりも建築を愛好し,画家たちは地方に拡散した。表現は繊細さを増したが,活力を失い類型的なものが多くなった。…

※「シャー・ジャハーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シャー・ジャハーンの関連キーワードラホールの城塞とシャーリマール庭園レッドシャージャハーンプルデリーの金曜モスクシャー・ジャハーンムムターズ・マハルデリー連邦直轄地タッターの文化財デリー(インド)シャージャープルモラーダーバードダーラー・シコーシャリマール庭園レッド・フォートアーサフ・ハーンアウラングゼーブタージ・マハルタージアウランゼーブタージ・マハル

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android