コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャー・ジャハーン Shāh Jahān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャー・ジャハーン
Shāh Jahān

[生]1592.1.5. ラホール
[没]1666.1.22. アーグラ
インド,ムガル帝国第5代の皇帝 (在位 1628~58) 。父王ジャハーンギールの在世中,反乱を起したりしたが,結局その死後帝位を継承した。彼の時代はアクバル大帝以来続いたムガル帝国の最盛期であり,イランのサファビー朝との間のカンダハール争奪戦とデカン・イスラム諸王朝との戦争を除けば,戦争は概して少く,イスラム宮廷文化の華が咲いた。特にインド・イスラム建築はこの時代に頂点に達し,彼が愛妃ムムターズ・マハルのために建設したタージ・マハルはその代表的なもの。晩年は皇子との間に帝位継承をめぐって血なまぐさい争いが起り,結局アウラングゼーブが彼を幽閉して王位についた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シャー・ジャハーン

インドのムガル帝国の第5代皇帝(在位1628年―1658年)。その治世はムガル朝の最盛期をなし,周辺諸国を平定・服従させ,財政豊かな黄金時代を築いた。しかし妃ムムターズ・マハルを失ってからは放縦に流れ,農村は疲弊し,王子の間では王位継承の争いが起こった。
→関連項目アーグラ城塞デリー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャー・ジャハーン
しゃーじゃはーん
Shh Jahn
(1592―1666)

インドのムガル帝国第5代の皇帝(在位1628~58)。ジャハーンギール帝の第3子で、母はラージプート人。メワールのラージプート人やデカンのアフマドナガル王国を攻めて功があり、父帝よりシャー・ジャハーン(世界の王)の称号を得た。皇子間の帝位争いに勝利し、父帝の死の翌年アグラで即位。禄位(ろくい)制度(マンサブ制度)の改革、アフマドナガルの併合と残るデカンの2国の朝貢、新地租制度によるムガル領デカンの復興などを実現し、帝国の黄金時代を築いた。アグラのタージ・マハル(王妃の廟(びょう))や新都デリーの豪奢(ごうしゃ)華麗な諸建築がそれを物語る。老衰により4皇子間の帝位争奪戦争が始まり、彼は新皇帝アウランゼーブにより幽閉され、幽閉中に死去した。[長島 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

シャー・ジャハーン

生年月日:1592年1月5日
インド,ムガール帝国第5代皇帝(在位1627〜58)
1666年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

シャー・ジャハーンの関連キーワードラホールの城塞とシャーリマール庭園レッドシャージャハーンプルシャー・ジャハーンデリーの金曜モスクシャージャープルシャリマール庭園デリー(インド)タッターの文化財モラーダーバードダーラー・シコーデリー連邦直轄地レッド・フォートアウランゼーブタージタージ・マハルアフマドナガルミルザープルラーエバレリラホール城塞

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android