コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アグラ アグラ Agra

3件 の用語解説(アグラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アグラ(Agra)

インド北部、ウッタルプラデシュ州の都市。デリーの南東約200キロメートルジャムナ川沿いに位置する。16世紀から17世紀にかけて、一時期をのぞいてムガル帝国の都が置かれた。タージマハルアグラ城など同国を代表するイスラム建築の傑作があることで知られる。人口、行政区128万(2001)、都市圏133万(2001)。アーグラ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アグラ【Agra】

インド北部の都市。ガンジス川の支流ジャムナ川南岸にある。ムガル朝の初めの首都で、タージ-マハル・アグラ城などの遺跡が多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アグラ
あぐら
Agra

インド北部、ウッタル・プラデシュ州西部の都市。首都デリー南南東200キロメートルに位置する。アーグラともいう。人口125万9979、周辺部を含む人口132万1410(2001)。ジャムナ川右岸にあり、古くより水運、陸運に恵まれ、小麦、キビ、綿花などの集散地となっている。また、金銀細工、織物、皮革などの伝統工業のほか、金属、機械などの近代工業も盛んである。
 しかし、なによりもこの都市が世界に名高いのは、ムガル朝時代の古都としてであり、歴史を誇る数多くの壮大なイスラム建築を残すためである。16~17世紀にこの国で強力な支配力を誇ったムガル朝は根拠地をここに定め、第3代皇帝アクバルから第6代皇帝アウランゼーブの時代に至るまで、一時期を除き、その首都であった。この時期に構築された建築物はいまなお随所にその姿をとどめ、インド最大の観光地となっている。アグラ城、タージ・マハルの美しさ、壮大さに勝る建築物は世界にもまれである。アグラ城はジャムナ川を東に臨み、その広い庭内にはアクバル、ジャハーンギール、シャー・ジャハーン3皇帝の繁栄をしのばせる多くのイスラム建築物がある。ジャムナ川に沿って2キロメートル東に進むと、シャー・ジャハーンが愛妃ムムターズ・マハルの廟墓(びょうぼ)として建立した大理石の白く輝くタージ・マハルがある。[中山晴美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アグラの関連キーワードアーグラガウルクルヌールムガル帝国シャージャハーンチェンマイチムール帝国ムガール帝国ラクノウ英国の暴動

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アグラの関連情報