コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュトゥック Stuck, Franz von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュトゥック
Stuck, Franz von

[生]1863.2.23. ブルクハウゼン,テッテンワイス
[没]1928.8.30. ミュンヘン
ドイツの画家,彫刻家,建築家。ミュンヘンの美術学校に学ぶ。ミュンヘン分離派の創立に参加。 1895年美術学校教授。教え子に W.カンディンスキーがいる。神話的主題の作品が多く,画風は A.ベックリンや F.レーンバハの影響を反映して神秘的かつ象徴的。代表作は『スフィンクス』 (1895,バイエルン州立絵画館) 。雑誌『ユーゲント』などに多くの挿絵を描き,挿絵画家としても活躍。建築の代表作はミュンヘンの自邸。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュトゥック【Franz von Stuck】

1863‐1928
ドイツの画家。ミュンヘンのアカデミーに学んで,ベックリンやレンバハFranz Seraph von Lenbachの影響を受けたのち,象徴主義に向かう。1892年,ウーデらとミュンヘン分離派(ゼツェッシオン)を創設してドイツ美術界に大きな波紋を投げかけ,95年アカデミー教授に就任。作品の主題は古典古代やキリスト教の主題を独自に解釈し直したもので,様式的には写実を基本としつつ,大胆な装飾的効果をも取り入れ,ユーゲントシュティール(アール・ヌーボー)の傾向を示す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュトゥック
しゅとぅっく
Franz von Stuck
(1863―1928)

ドイツの画家、版画家。彫刻、建築をも手がける。テッテンワイスに生まれ、ボヘミアのテッチェンで死去した。初め図画教師のコースを進んだが、1885年ミュンヘン美術学校に学び、以後同地に定住して制作した。ベックリンおよびレンバハに私淑し、宗教画、神話に取材した寓意(ぐうい)画、肖像画を描く。牧歌的、叙情的内容とともに工芸的な形式を尊重し、世紀末のユーゲントシュティル(ユーゲント様式)に接近した。95年以降ミュンヘン美術学校教授として、カンディンスキー、クレーらを門下にもった。[野村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシュトゥックの言及

【ゼツェッシオン】より

…作品の傾向や芸術理念は各作家や地域によってさまざまであったが,いずれも19世紀末から20世紀初頭にかけて世評の支持も受け,ドイツ圏で主導的役割を果たした。 最初のものは1892年に設立されたミュンヘン・ゼツェッシオンで,その中心となったのは象徴主義の画家F.vonシュトゥックおよび自然主義の画家トリューブナーWilhelm Trübner(1851‐1917)であった。次いで97年にウィーン・ゼツェッシオンがG.クリムトを中心として創設されたが,これはJ.M.オルブリヒJ.ホフマンら建築家,工芸家をも多く含み,オーストリアにおけるユーゲントシュティール(アール・ヌーボー)の中心となった。…

※「シュトゥック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シュトゥックの関連キーワードフランツ・フォン シュトゥックヴァシリィ カンディンスキージョーゼフ アルバース世紀末思潮アルバースキリコクレー戯曲

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android