コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュピッツァー シュピッツァー Spitzer, Leo

2件 の用語解説(シュピッツァーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュピッツァー
シュピッツァー
Spitzer, Leo

[生]1887.2.7. ウィーン
[没]1960.9.17. マルミ
オーストリアの言語学者。ロマンス語派の研究から出発し,のちに,文体論の研究に専念。 K.フォスラーの流れをくむ言語美学的観点が特徴。著書に『文体研究』 Stilstudien (2巻,1928) ,『言語学と文学史』 Linguistics and Literary History (48) ,『史的意味論試論』 Essays in Historical Semantics (48) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュピッツァー
しゅぴっつぁー
Leo Spitzer
(1887―1960)

オーストリアのラテン系言語学者、文学者。とくにイタリア語学、イタリア文学を専門とする。ウィーン生まれ。1925年マールブルク大学の教授となる。その後ケルンイスタンブールの大学で教授を務め、36年ボルティモアのジョンズ・ホプキンズ大学の教授となりアメリカに渡った。著書に『文体論』(1918)、『文体、文学研究』(1931)、『言語、文学史』(1948)などがある。[村山雅人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュピッツァーの関連キーワードウィーン学派ウィーン幻想派ウィーン古典派ウィーンの公式ウィーンの森ウィーン宮廷楽団ウィーン・シティマラソンウィーン八重奏団ハロウィーンの死体ウィーンフィル舞踏会

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone