コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュピッツァー Spitzer, Leo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュピッツァー
Spitzer, Leo

[生]1887.2.7. ウィーン
[没]1960.9.17. マルミ
オーストリアの言語学者。ロマンス語派の研究から出発し,のちに,文体論の研究に専念。 K.フォスラーの流れをくむ言語美学的観点が特徴。著書に『文体研究』 Stilstudien (2巻,1928) ,『言語学と文学史』 Linguistics and Literary History (48) ,『史的意味論試論』 Essays in Historical Semantics (48) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュピッツァー
しゅぴっつぁー
Leo Spitzer
(1887―1960)

オーストリアのラテン系言語学者、文学者。とくにイタリア語学、イタリア文学を専門とする。ウィーン生まれ。1925年マールブルク大学の教授となる。その後ケルン、イスタンブールの大学で教授を務め、36年ボルティモアのジョンズ・ホプキンズ大学の教授となりアメリカに渡った。著書に『文体論』(1918)、『文体、文学研究』(1931)、『言語、文学史』(1948)などがある。[村山雅人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シュピッツァーの関連キーワードシュハルト芸術学