コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュリーフェン シュリーフェン Schlieffen, Alfred, Graf von

4件 の用語解説(シュリーフェンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュリーフェン
シュリーフェン
Schlieffen, Alfred, Graf von

[生]1833.2.28. ベルリン
[没]1913.1.4. ベルリン
ドイツの陸軍軍人。第1,2次世界大戦でドイツ戦略の基礎となったシュリーフェン・プランの立案者として著名。初め法律を学んだが,1854年軍に入り,65年参謀本部員となり,プロシアオーストリア戦争 (1866) ,普仏戦争 (70~71) に出征。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シュリーフェン

ドイツの軍人。陸軍参謀総長(1891年―1905年)。1905年,露・仏両国との同時両面戦争におけるドイツの作戦として,いわゆるシュリーフェン・プランを立案した。
→関連項目第1次世界大戦マルヌ会戦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シュリーフェン【Alfred von Schlieffen】

1833‐1913
ドイツ陸軍元帥で伯爵。ベルリン生れ。1891年から1905年までドイツ陸軍参謀総長を務める。この期間,東西2強国,ロシアフランスを敵とする二正面作戦の研究に専念,モルトケ時代の東攻西守の構想を改め,動員と同時に対フランス作戦を開始,短期間にフランスを打倒,のちロシアに向かう構想にした。このため,ベルギールクセンブルクの中立を無視し,この正面から大兵力を北フランスに進攻させ,フランス軍を北翼から包囲,大殲滅(せんめつ)戦を遂行するよう計画した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュリーフェン
しゅりーふぇん
Alfred Graf von Schlieffen
(1833―1913)

プロイセンの陸軍元帥。参謀将校としてプロイセン・オーストリア戦争、プロイセン・フランス戦争に参加。1891年から1905年まで陸軍参謀総長。参謀将校の育成に多大の功績があった。モルトケ流の作戦をさらに進展させ、ドイツが東西二正面戦争を強いられることを想定して、それに対応する最高戦争指導法の立案に長年にわたって専念し、第一次世界大戦の緒戦におけるドイツ陸軍の作戦の基本となる「シュリーフェン・プラン」を策定した。[岡部健彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシュリーフェンの言及

【戦略・戦術】より


【概史】
 古代からの軍事戦略にも見るべきものが多いが,近代的な戦略の研究が行われたのは18世紀以降である。戦略論の創始者として著名な人物に,19世紀初期から末期にかけて,ドイツのK.P.G.クラウゼウィツ,スイス人のA.H.ジョミニ,アメリカのA.T.マハン,ドイツのH.G.vonモルトケ,A.vonシュリーフェンらがあげられる。これらの人々は,戦争が武力のみで行われるものでないことは基本理念として当然持っていたが,当時の情勢から,武力戦の戦争における地位を重視して,軍事面を主として論述している。…

【第1次世界大戦】より

…8月23日日本も日英同盟を名目にして参戦した。
【戦争の進展と国際政治の変動】

[シュリーフェン計画とその挫折]
 ドイツの地理的位置は東西の強国ロシアとフランスに挟まれているから,二正面戦争の危険にさらされていた。そこで1891年から1906年まで参謀総長の職にあったA.G.vonシュリーフェンは,開戦の場合,まずフランス軍に向かって迅速に行動して主力軍を壊滅させたあと直ちにロシア軍に当たり,しかもほぼ6週間の短期間に決戦を完了して一挙に勝敗を決するという作戦構想を立てていた。…

※「シュリーフェン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シュリーフェンの関連キーワードドイツ統一西ベルリン東ベルリン伯林ベルリン青ベルリンタワーベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団ベルリン・ドイツ歌劇場管弦楽団ベルリン・ドイツ交響楽団ベルリン・ドイツ・オペラ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュリーフェンの関連情報