シュリ(読み)しゅり(英語表記)Maximilien de Béthune duc de Sully

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュリ
しゅり
Maximilien de Bthune, duc de Sully
(1560―1641)

フランスの財政家。新教徒貴族の家に生まれる。12歳のときからアンリ4世に仕え、もっとも信頼された臣下。1598年財政長官となり、減税と不要官職の整理を行い、国庫収入を増やし、経済振興のために穀物、ぶどう酒輸出の自由化や道路、橋、運河建設を進め、とくに「農耕と牧畜はフランスを育(はぐく)む二つの乳房」と主張して農牧業を奨励した。1606年公爵領を与えられたが、1610年のアンリ4世の暗殺を機に政治生活を終えて、1616年に引退した。1634年元帥となり、1641年12月22日死去した。晩年、アンリ4世治世に関する『メモアール(回想録)』を書き残した。[千葉治男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュリの関連情報