コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュロソウ

2件 の用語解説(シュロソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シュロソウ

本州〜北海道の山中の林内や草原などにはえるユリ科の多年草。茎は高さ50〜100cm,下半部に狭披針形で長さ20〜35cmの葉を少数つける。夏〜秋,茎頂に花穂を円錐状につけ,径1cm内外で濃紫褐色花を多数開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュロソウ
しゅろそう / 棕櫚草
[学]Veratum nigrum L. ssp. Maackii (Regel) Kitam.

ユリ科の多年草。太く短い地下茎は地中を横走し、じょうぶな多数の根を地中深く伸ばす。茎は高さ0.5~1メートル、下部には枯れた葉柄がシュロにある毛のようになって残り、名はこれに由来する。葉は長楕円(ちょうだえん)状披針(ひしん)形から線状披針形。7~8月、大形の円錐(えんすい)花序に多数の花を開く。花柄は1.0~1.7センチメートルで、花被片(かひへん)は暗紫色。変種アオヤギソウは花被片が緑色である点で、また変種オオシュロソウは花柄の長さが4~7ミリメートルと小さいので区別される。関東地方以西の太平洋側から四国、九州の林内に生え、朝鮮半島、中国、ウスリーに分布する。[河野昭一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシュロソウの言及

【バイケイソウ】より

…葯は楕円円盤状のたいへん特殊な形をしている。これはシュロソウ属の特徴である。子房は3室で縮れた毛がある。…

※「シュロソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シュロソウの関連キーワード草原ヨモギワカサギ島青鵐道産内地北海道庁深山鶉ヨメナ山中日露史

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone