ショウジョウバエ(猩々蠅)(読み)ショウジョウバエ

世界大百科事典 第2版の解説

ショウジョウバエ【ショウジョウバエ(猩々蠅)】

双翅目ショウジョウバエ科Drosophilidaeに属するハエ総称。赤い眼をした小型のハエで,腐った果実や,家屋内では漬物おけなどに集まっているのが見られる。英名のwine fly,fruit fly,vinegar flyは,発酵した果実や酢に集まるハエのである。和名も,酒を飲んで舞うの“猩々”から由来したという。ショウジョウバエは,1910年T.H.モーガンの白目の発見以来,遺伝学の実験に用いられることで有名である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android