ショパン国際ピアノ・コンクール(読み)しょぱんこくさいぴあのこんくーる

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ショパン国際ピアノ・コンクール
しょぱんこくさいぴあのこんくーる
International Frederick Chopin Piano Competition

ショパンの生地に近いポーランドのワルシャワで5年に一度催されるコンクール。1927年に第1回が催され、その後第二次世界大戦による休止を挟みつつ続けられ、2000年に第14回が開催された。世界でもっとも難関のピアノ・コンクールとされ、ソ連のオボーリン(第1回)、ポーランドのチェルニー・ステファニスカ(第4回)、ポーランドのA・ハラシェビチ(第5回)、イタリアのポリーニ(第6回)、アルゼンチンのアルヘリッチ(第7回)、アメリカのオールソン(第8回)、ポーランドのツィマーマン(第9回)、ベトナムのダン・タイ・ソン(第10回)、ロシアのスタニスラフ・ブーニン(第11回)ら過去の優勝者は、ほとんど例外なく世界的なピアニストとして活躍している。第12、13回は1位に該当者がなく、第14回コンクールでは中国のユンディ・リ(李雲迪)が優勝した。日本人では、中村紘子(ひろこ)(第7回、4位)、内田光子(みつこ)(第8回、2位)、海老彰子(えびあきこ)(第10回、5位)、小山実稚恵(こやまみちえ)(第11回、4位)、横山幸雄(ゆきお)(第12回、3位)、佐藤美香(みか)(第14回、6位)らが入賞している。また、第14回コンクールで梯剛之(かけはしたけし)がワルシャワ市長賞を受賞した。[美山良夫]
『イェージー・ヴァルドルフ著、足達和子訳『ものがたりショパン・コンクール』(1988・音楽之友社) ▽横山幸雄著『いま、ピアニスト――ショパンとともに』(1996・ショパン) ▽ショパン編集部編・刊『世界の音楽コンクール全ガイド』隔年版』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のショパン国際ピアノ・コンクールの言及

【音楽コンクール】より

…コンクールの入賞者たちが大きく育っていけば,そのコンクールの名声が裏付けられてくるのである。こうした実績面からみると,チャイコフスキー国際音楽コンクールエリーザベト王妃国際音楽コンクールミュンヘン国際音楽コンクールジュネーブ国際音楽コンクール,ショパン国際ピアノ・コンクール(ポーランド,1927創設)などが群を抜いている。【成沢 玲子】。…

【ポーランド音楽】より

…とくにシマノフスキは民族的な現代音楽の創造者として音楽史上不滅の地位を築いた。1918年独立後のポーランドでは,音楽活動も活発になり,27年にショパン国際ピアノ・コンクール,35年にビエニアフスキ国際バイオリン・コンクールも組織された。K.シコルスキ,P.ペルコフスキ,G.バツェビチらの作曲家が進出し,ピアノ奏者のA.ミハウォフスキ,J.K.ホフマン,パデレフスキ,Z.ジェビェツキ,バイオリン奏者のB.フーベルマン,P.コハンスキ,H.シェリング,〈ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団〉の創立(1901)に尽くした指揮者のムイナルスキEmil Młynarski(1870‐1935),アメリカに帰化したA.ロジンスキらが内外で活躍した。…

※「ショパン国際ピアノ・コンクール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ショパン国際ピアノ・コンクールの関連情報