コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラネニンジン Tilingia ajanensis Regel

2件 の用語解説(シラネニンジンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シラネニンジン【Tilingia ajanensis Regel】

高山の日当りのよい草地に生えるセリ科の多年草イラスト)。和名は葉がニンジンのように細かく切れ,日光の白根山に多かったことに由来する。茎は直立して高さ7~40cm,全体に毛がない。根生葉は3回羽状に細かく切れ込み,終裂片は幅1~3mm。茎につく葉は上に行くにしたがって小型になり,1~2回羽状に分かれている。花は8~9月ころ,茎の先に小型の複散形花序を作って多数つき,花序には1,2個の線形の総苞片がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シラネニンジン
しらねにんじん / 白根人参
[学]Tilingia ajanense Regel

セリ科の多年草。根は太く、茎は高さ10~40センチメートル。葉は光沢があり、2~3回羽状複葉、鋸歯(きょし)の幅は1~3ミリメートルであるが、変異が大きい。葉がとくに細く切れ込む品種をホソバシラネニンジンという。葉柄の基部は鞘(さや)状に膨らむ。7~8月、散形花序をつくり、白色花を開く。果実は卵形で長さ約3ミリメートル、脈状に5本の稜(りょう)がある。高山の草原に生え、中部地方以北の本州、北海道、および中国、アリューシャン列島、樺太(からふと)(サハリン)、シベリアに分布する。日光白根山で発見され、根がニンジンに似るのでこの名がついた。シラネニンジン属は東アジア特産で、5種からなり、日本には3種が分布する。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シラネニンジンの関連キーワード甘菜小梅蕙草鈴柴胡雀の稗仙人草犬磚子苗大油薄白根人参日当り

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone