コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーエン シーエン Skien

3件 の用語解説(シーエンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シーエン
シーエン
Skien

ノルウェー南部,テレマルク県の県都。オスロ南西約 100kmに位置する。 1110年に建設された同国最古の町の一つ。シーエン川にのぞむ河港で,西のダーレンまで 105kmの運河が通じ,オスロと鉄道で結ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シーエン【Skien】

ノルウェー南部,テーレーマルク州南東部にある州都。人口4万8000(1995)。1110年頃創設のベネディクト会イェムセイ女子修道院の周囲,シーエン河口に発達する。木材,木材パルプ,紙,鉄鉱の積出港。イプセンの生地で,その生家ベンステプは今日イプセン博物館となっている。1973年にはイプセン・ハウス(劇場付設)が建てられた。【菅原 邦城】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シーエン
しーえん
Skien

ノルウェー南部、テレマーク県の県都で、行政・経済の中心都市。人口5万0023(2002)。フィヨルドの湾奥からシーエン川を5キロメートルほどさかのぼった両岸に市街地が形成されている。かつて製材用動力に使われた水力を利用して、1887年にノルウェー最初の水力発電所がこの地に建設された。今日では内陸の大型発電所からの送電で、製材、製紙、パルプなどの工場が稼動している。作家イプセンの誕生地で、幼少のころ過ごした家はイプセン博物館となっている。[竹内清文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シーエンの関連キーワードノルウェーオーレトリシルハマルリーセフィヨルドノルウェー室内管弦楽団ノルウェー放送管弦楽団ブラック・ノルウェジアン・エルクハウンドマルグレーテ[1世]アーレンダール

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シーエンの関連情報