コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェベ Jebe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェベ
Jebe

[生]?
[没]1224
モンゴルの武将。ベスット氏族の出身。幼名はジルグアダイ。最初チンギス・ハンに敵対してその乗馬を射殺し,のちに降伏してジェベ (「やじり」の意) の名を与えられたという。 1211~16年,金国の征伐に従軍。 18年,西遼に拠ったナイマン (乃蛮) 部のクチュルク・ハンを征服。 19年からのチンギス・ハンの西征にスブタイ (速不台) とともに先鋒としてホラズム・シャー朝の王アラー・ウッディーン・ムハンマドを追撃してカフカスに入り,ジョチ (朮赤) の軍と協力してキプチャクを破り,23年頃アゾフ海に注ぐカルカ河畔に南ロシア諸侯の連合軍を破り,ドニエプル川クリミア半島にまでいたった。モンゴル帝国北西部の征服地はジョチの所領となり,ジェベはジョチに属することとなったが,ジェベは本国へ引揚げる途中死んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジェベ【Jebe】

?‐1225
哲別モンゴル,チンギス・ハーンの勇将。ベスト族出身。チンギスに降ったのち,ナイマン族や西夏との戦闘で,常に先鋒として活躍し,金朝攻撃の際の戦功により千戸長となった。ナイマンの王子クチュルクを追討し(1218),翌年からの中央アジア遠征では,スブタイと共に,ホラズム・シャー朝のアラー・アッディーン・ムハンマドを追ってイラン各地を侵し,さらに,カスピ海西岸から南ロシア,キプチャク草原へ侵入して,カルカ(現,カリチク)河畔でロシア諸侯らの連合軍を破った(1223)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ジェベの関連キーワードポルフィド・ロッソ・アンティコスブタイ(速不台)ナイマン(乃蛮)部パームアイランドコーリング・ユージェベリルー頭骨チンギス・ハンドバイ国際空港ゲベルバルカルルーマニア文学ティマール制ジブラルタルシナイ半島スッド盆地ギルボアメルキトディンカ東欧映画モナガスジュバ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android